アジア大会に臨むなでしこ18名発表、ベテラン澤や大儀見が招集外

写真拡大

 21日、日本サッカー協会(JFA)は9月19日に仁川で開幕する、第17回アジア競技大会に臨むなでしこジャパン18名を発表した。

 日本体育大学のDF羽座妃粋を含む3名が初選出。その他、岡山湯郷Belle所属のMF宮間あや、シアトル・レインFC所属のMF川澄奈穂美らが順当に選出された一方で、海外組のチェルシー所属FW大儀見優季やベテランのINAC神戸レオネッサ所属MF澤穂希の招集が見送られた。

 前回大会で初優勝を果たした男子U−21日本代表と同様に、なでしこジャパンにも連覇の期待がかかる。B組に入ったなでしこジャパンは、中国、ヨルダン、台湾と対戦。女子サッカーは、大会開幕前の16日にグループリーグ初戦を迎える。

 発表されたなでしこジャパン18名は以下のとおり。

▼GK
海堀あゆみ(INAC神戸レオネッサ)
山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)

▼DF
岩清水梓(日テレ・ベレーザ)
有吉佐織(日テレ・ベレーザ)
北原佳奈(アルビレックス新潟レディース)
長船加奈(ベガルタ仙台レディース)
臼井理恵(浦和レッズレディース)
羽座妃粋(日本体育大)

▼MF
宮間あや(岡山湯郷Belle)
川澄奈穂美(シアトル・レインFC/アメリカ)
阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)
木龍七瀬(スカイブルーFC/アメリカ)
中島依美(INAC神戸レオネッサ)
猶本光(浦和レッズレディース)

▼FW
菅澤優衣香(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
高瀬愛実(INAC神戸レオネッサ)
吉良知夏(浦和レッズレディース)
増矢理花(INAC神戸レオネッサ)