アジア大会連覇狙うU−21日本代表メンバー発表…野津田や大島らが選出

写真拡大

 21日、日本サッカー協会(JFA)は9月19日に仁川で開幕する、第17回アジア競技大会に臨むU−21日本代表メンバー20名を発表した。

 サンフレッチェ広島所属のFW野津田岳人や、川崎フロンターレ所属のMF大島僚太など、先日福岡で行われたトレーニングキャンプに参加したメンバーを中心に招集された。けがのためキャンプ参加を見送っていた、湘南ベルマーレ所属のDF遠藤航とFC東京所属のMF野澤英之も選出されている。

 前回大会で初優勝を果たしたU−21日本代表。連覇が期待される中、D組に入った同代表は、クウェート、イラク、ネパールと対戦する。なお、男子サッカーは開幕前の14日にグループリーグ初戦を迎える。

 発表されたU−21日本代表メンバー20名は以下のとおり。

▼GK
杉本大地(京都サンガF.C.)
牲川歩見(ジュビロ磐田)

▼DF
遠藤航(湘南ベルマーレ)
山中亮輔(ジェフユナイテッド千葉)
西野貴治(ガンバ大阪)
室屋成(明治大学)
岩波拓也(ヴィッセル神戸)
植田直通(鹿島アントラーズ)

▼MF
大島僚太(川崎フロンターレ)
原川力(愛媛FC)
矢島慎也(浦和レッズ)
金森健志(アビスパ福岡)
野澤英之(FC東京)
中島翔哉(カターレ富山)
喜田拓也(横浜F・マリノス)
秋野央樹(柏レイソル)
吉野恭平(サンフレッチェ広島)

▼FW
荒野拓馬(コンサドーレ札幌)
鈴木武蔵(アルビレックス新潟)
野津田岳人(サンフレッチェ広島)