写真提供:マイナビニュース

写真拡大

イタリアの自転車メーカーBianchi(ビアンキ)がプロデュースする「Bianchi Cafe」(東京・自由が丘)にて、9月13日〜9月23日の期間限定で「弱虫ペダル Cafe」がオープンする。

○Bianchiに乗るキャラをリアルに体感

『弱虫ペダル』はコミックスの累計発行部数が1,000万部を突破した、サイクルロードレースをテーマにした渡辺航氏原作(週刊少年チャンピオン)の漫画。10月からはTVシリーズ第2期がスタートする。

Bianchiは、1885年創業の自転車メーカーで、イタリア語で「天空」を意味する"チェレステ"(緑色がかった青)がブランドカラーとなっている。同社がプロデュースする国内初のカフェ「Bianchi Cafe」では、Bianchiの自転車そのものに触れるだけでなく、イタリアのライフスタイルを体感できるカフェとなっている。

今回開催する「弱虫ペダル Cafe」では、原作コミックでBianchiの自転車に乗りレースに挑む箱根学園(ハコガク)の荒北靖友を中心に、主人公の小野田坂道らおなじみのキャラクターたちが集合。原作『弱虫ペダル』の複製原画や、TVアニメの名シーンパネル、サイクルジャージ、ロードバイク現物などを展示し、作品の世界観をたっぷり楽しめる。

店内では『弱虫ペダル』をイメージしたオリジナルフードやドリンクが味わえるほか、2015 Bianchi Road bikeカタログと『弱虫ペダル』のイラストがコラボした小冊子とBianchiバイク型携帯クリーナーをプレゼントする。また、マグカップやシュガー詰め合わせセット、サコッシュ、手ぬぐい、クリアファイルなど、イベント限定商品も発売する。

9月17日・18日は誰でも入店できるが(ショップ観覧のみで、ドリンク・フードの提供や商品の販売はなし)、9月13日〜15日と20日〜23日は事前抽選の当選者に限って展開する。抽選当選者の入場料金は、ドリンク・フード・小冊子・携帯クリーナーセット付きでひとり2,500円となっている(16日・19日は休業日)。

営業時間は各日10:30〜、12:30〜、14:30〜16:30〜で90分ごと完全入れ替え制。事前抽選の申し込み方法は、ホームページ記載のメールアドレスにて、希望日時と人数を添えて送信する。カフェ所在地は東京都目黒区自由が丘2-17-1 ラピスA.S.1F。