8月21日からオーストラリア・ゴールドコーストで競泳のパンパシフィック選手権が開幕する。注目はリレーを含めて6種目に出場予定の萩野公介が、来年の世界選手権、そして2016年リオデジャネイロ五輪に向けて、今大会中にどこまで進化を遂げるのかだ。

 現地に入る前、「平井(伯昌)先生にでかいことを言うなと言われたので、今回のテーマは『無言実行』にしました」と言って明るく笑った萩野は、 「今年は納得できる練習が出来ているので、どんと構えてやればいいのかなと思っている。そうすればおのずと結果はついてくると思う」と、7月に行なわれた 高地合宿の手応えを口にしていた。

 その萩野は初日の200m自由形でベテランのライアン・ロクテ(アメリカ)やロンドン五輪銀メダリスト のパク・テファン(韓国)と対決するが、金メダルを狙うとなると、2日目の400m個人メドレーが有力になる。萩野が12年ロンドン五輪で銅メダルを獲得 して世界デビューを果たした得意種目だ。

 しかし、リレーを含めて7種目に挑戦した昨年の世界選手権では最終種目だったため、疲労が溜まり最後は失速してメダル圏外に。ライバルの瀬戸大也に金メダルをさらわれる悔しさを味わった。

  今年4月に日本選手権でマークした、4分07秒88は今季世界ランキング1位だが、今大会はそれよりも速い4分4〜5秒台を狙いたいと語っている。同い年 で世界選手権2位のチェイス・カリシュ(アメリカ)やロンドン五輪2位のティアゴ・ペレイラ(ブラジル)、さらには「高地合宿では平地より速いタイムで泳 げた」と夏場に調子を上げてきた瀬戸をどう抑えるかが見どころだ。

 大会3日目には400m自由形で、萩野とロンドン五輪2位のパクの戦いだけでなく、入江陵介がロクテと因縁対決をする200m背泳ぎも行なわれ る。この種目にはロンドン五輪でふたりを出し抜いて金メダルをさらったテイラー・クレアリー(アメリカ)も出場し、熾烈なレースになりそうだ。

  そして最終日には世界記録保持者のロクテのほかに、復帰してきたマイケル・フェルプス(アメリカ)も出場する200m個人メドレーがある。今季の世界ラン キングでは、萩野が1分55秒38の1位、2位にはロクテ、3位にフェルプスがつけている。4位の瀬戸も含めて、彼らがどんな戦いをするのか見ものだ。

 萩野のほかに目を転ずると200mバタフライでは、今季世界ランキング2位の瀬戸が優勝を狙う。同世代で1位のチャド・レクロー(南アフリカ)が出場しないので、ここで優勝して多種目挑戦への道筋を確かにしたいところだ。

 さらに、有力な金メダル候補として忘れてはいけないのが、今季はスピードもつき、自信を持って前半からハイペースの泳ぎをしている背泳ぎの入江だ。

  初日に行なわれる100mは、4月に出した52秒57が今季世界ランキング2位で、出場選手の中ではトップタイム。8月の全米選手権で52秒75を出して いるロンドン五輪金メダリストのマット・グルーバー(アメリカ)がライバルになるが、ここで高速水着時代に出した52秒24に迫る記録を出せば、200m でのロクテとの対決に勢いがつく。そのまま、自身の高速水着時代の1分52秒51(日本記録)を目標にし、積極的な泳ぎでロクテを慌てさせれば、勝機も見 えてくるはずだ。

 一方女子は、今季自己新を連発している渡部香生子に注目したい。初戦の100m平泳ぎは、これまで苦手意識を持っていた種目。だが、4月の日本選 手権では1分06秒53を出し、ヨーロッパ遠征からの帰国直後だった6月のジャパンオープンでは1分05秒88まで記録を伸ばしている。

 この記録は世界記録保持者のルタ・メイルチテ(ラトビア/今大会不出場)に次ぐ今季世界ランキング2位の記録。昨年の世界選手権3位のジェシカ・ハーディー(アメリカ)も全米選手権では1分06秒51を出して調子を上げてきているが、優勝のチャンスはある。

  また4月の日本選手権で出した200mの2分21秒09は、世界記録保持者のリッケ・ペダーセン(デンマーク/今大会不出場)に次ぐ今季2位の記録。日本 選手権で渡部を0秒49差まで追い込んだ金藤理絵や、昨年の世界選手権で3位のミチャ・ローレンス(アメリカ)との激しい競り合いになりそうだが、初の世 界大会だったロンドン五輪や昨年の世界選手権で、結果を出せていない渡部としては、記録だけではなくメダル獲得で自信をつけておくのが、来年以降の大会に つながるだろう。

 女子平泳ぎでは、ロンドン五輪100mで銅、200mで銀メダルを獲得した鈴木聡美に、そろそろ目覚めてもらいたいとこ ろである。4月の日本選手権では50mこそ日本記録を出して優勝したが、100mと200mは完敗。それでも6月のジャパンオープンでは100mで今季世 界ランキング5位の1分06秒48を出している。これは今大会出場選手の中で渡部に次いで2位の記録だ。200mでは今季、渡辺と金藤が好タイムを出して いて、1国2名しか進めないA決勝進出は難しいかもしれない。だからこそ可能性が十分にある100mで、メダル争いに食い込む意地を見せて、復活を確かな ものにしてもらいたい。

 また200mバタフライの星奈津美は、日本選手権で出した2分05秒98が今季世界ランキング1位。五輪や世界選手権で結果を残している中国勢が出ていないだけに、9月のアジア大会へ弾みをつけるためにも確実に優勝しておきたいところだ。

 連日、日本勢のメダル獲得から目が離せない。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi