「世界を変えた通信技術史」の展覧会:ロンドンで開催

写真拡大

ロンドンにあるサイエンス・ミュージアムで、2世紀にわたる通信技術の発展を紹介する展覧会「情報の時代:世界を変えた6つのネットワーク」が開始する。

ロンドンにある科学博物館「サイエンス・ミュージアム」の新しい常設ギャラリーで、10月25日(現地時間)から、2世紀におよぶ通信技術に関する展示「情報の時代:世界を変えた6つのネットワーク」(Information Age: Six Networks That Changed Our World)が始まる。

「「世界を変えた通信技術史」の展覧会:ロンドンで開催」の写真・リンク付きの記事はこちら

サイエンス・ミュージアムにおける最大の展示スペースに6つのゾーンを設け、800点を展示する。6つのゾーンとは、ケーブル、電話交換、放送、コンステレーション(衛星通信)、セル(携帯)、およびウェブだ。

ミュージアムのスタッフは現在、350件の電報を集めて展示用にスキャンするなど、保管されていた物や記録(BBCの初のラジオ放送など)の準備に明け暮れている。

大規模な展示物もある。例えば、高さ6mのコイルがそびえ立つ(文末の動画)。これは、かつて世界で最も強力な無線送信局のひとつだったラグビー無線局(1926年にサーヴィス開始)で使われていたものだ。

一方、今回の展示は、通信にまつわる個人のストーリーも大きく取り上げている。例えば、1902年に夫がノーベル賞を受賞したときに、夫婦がやり取りした電報が展示される。

「100年前の人たちにとっての電報は、いまのわたしたちにとっての電子メールのようなものだった。到着が遅くなりそうなときに連絡したり、何かを注文したり、駅で迎えを頼んだりするときなどに使われていた」と、ミュージアムのマジャ・ネスケは説明する。

「いま残されている電報が、持ち主たちにとって、特別でいとおしいものであることには驚かされる。自分が打ったものであれ、受け取ったものであれ、受け継いだものであれ、持ち主たちにとって電報は小さな宝物なのだ」

そのほかにも、ハロー・ガールズと呼ばれた、第一次世界大戦中に米軍の電話交換手をつとめた英仏バイリンガルの女性たちの物語から、1984年1月24日に発売されたアップルコンピュータの「Macintosh 128K」まで、歴史上のさまざまなブレークスルーの瞬間がカヴァーされている。

TAG

CommunicationHistoryInformationMuseumTechHistoryVideoWiredUK