日本には、まだまだVCの力が必要だ:日本の若きヴェンチャー・キャピタリストが見据える「未来」

写真拡大

日本にも数えるほどしかいない独立系ヴェンチャーキャピタリスト。そのなかで、日本に変革をもたらそうと日々奔走している若きヴェンチャーキャピタリストが佐俣アンリだ。最初のファンドを立ち上げてから3年目となったいま、彼が見据える未来について話を訊いた。

「日本には、まだまだVCの力が必要だ:日本の若きヴェンチャー・キャピタリストが見据える「未来」」の写真・リンク付きの記事はこちら

佐俣アンリANRI SAMATA
1984年埼玉県生まれ。ヴェンチャーキャピタリスト。慶應義塾大学経済学部卒業後、リクルート メディアテクノロジーラボにてモバイルコンテンツの事業開発、またリクルート初のソーシャルアプリの事業立ち上げを担当。同社退社後、クロノスファンド、EastVenturesに参画。クロノスファンドとしてフリークアウト、ハイパーインターネッツ(CAMPFIRE)、みんなのマーケット、カンムの立ち上げを創業から一貫して行う。また、個人としてラクスルを創業からのサポートも手がける。2012年5月、ヴェンチャーキャピタルファンドANRI立ち上げ。

──最初のファンドを立ち上げてから、3年目に突入しました。これまでで何か心境の変化はありましたか?

自分自身のVC(ヴェンチャー・キャピタル)をつくりたいという初期衝動に駆られながら、先輩ヴェンチャーキャピタリストたちから色々と学びながらここまでやってきました。しかし、立ち上げたはよかったものの、さて、そのあとどうする?ということを昨年末、悩んだのです。

これまでに、多くの起業家たちと創業期を経験し、VCとしてさまざまな経験をさせてもらいました。投資先の多くも順調に成長していて、ありがたいことにファンドとして一定の成果を出せるかもしれません。ここで、投資家としてのいったんのゴールを決めることもできるんですが、それはビジネスという山の頂を目指すことから降りることを意味します。けどそれって、いままさに一緒に戦うために投資している18人の起業家たちに対して失礼だと思ったんです。たかだか30前後の自分が人生をリタイアしたおじさんになっていいのか、って。自分は、これからも常にビジネスをつくっていきたいと、改めて自分自身を見つめなおした期間でした。

──それが、2つ目のファンド「ANRI2号投資事業有限責任組合」のスタートにつながるんですね。その狙いはなんでしょうか?

すでに、新しいファンドは10億円ほど集まっていて、規模も20億円を目指して大きくしていきます。この新しいファンドを立ち上げるときに決意したのは、「世界一のVCを真面目にやろう」ということです。一緒に戦っている起業家たちが世界一を目指すなら、ぼくも世界一のVCを目指し、仲間たちと一緒に未来をつくっていこうと決めました。

──世界一のVCを目指すということですが、具体的にはどのような意味でしょうか?

世界一と言ってはみたものの、現時点でなにをもって世界一のVCと言えるかはわかりません。ぼくが憧れていた2006年当時のシリコンヴァレーにいるVCたちも、いまでは組織や牽引している人たちの様子もさま変わりしています。Yコンビネーターも、創業時と違いいまではシリコンヴァレー以外にもブランチをつくろうとしていて、目標としている人たち自身も、考えや時代の流れのなかで変化しつづけているんだと感じました。彼らも人間ですからね。

──世界を目指すにあたって、どういった目標を見据えていますか?

ぼくらがやろうとしているのは、スタートアップという若くて優秀な人たちがスモールチームと小資本で取り組む戦い方と、インターネットといういまだ進化し続けているテクノロジー。この2つのアプローチで社会問題を解決することなんです。アメリカにいる起業家たちやVCたちは、本気で世界の社会問題に対して、どんなソリューションを提案すべきかを日々考えています。それってかっこいいじゃないですか。そういう存在にぼくらもなりたいですね。

──佐俣さんが考えるVCって、投資というより社会課題解決のための組織ということですか?

投資という方法をもとに、社会課題解決のためのストラテジーを組む人、という感じでしょうか。いわゆる金融機関としてのファンドとはイメージが違うかもしれません。

──社会課題解決の組織というと、一般的にはNPOなどを連想しがちですが、そうではないんですね。

日本では、株式会社とNPOという存在が全く違うものとして語られがちですが、アメリカではイーロン・マスクが宇宙や電気自動車の分野を株式会社という組織でスケールさせている一方、eBayの創業者ピエール・オミダイアが電子フロンティア財団やNPOを設立したり、PayPal創業者のピーター・ティールは様々なファンドを組成したりと、それぞれの目的にマッチした組織をつくっているんです。

──たしかに、株式会社とNPOというのは利益分配や組織形態が違うだけであって、事業をつくるということは本来共通しています。

みんな方法は違うけど、ゴールは同じはず。もっと言えば、スタートアップという方法は小資本から始めて大きな組織や既存体制をハックする方法で、リーンスタートアップなどの手法は、もともと優秀な人たちが既存のシステムに対抗するために編み出したもの。本来は、NPOなどの組織に向いている考えでもあるんです。株式会社というのは、お金というわかりやすいインセンティブがあり、ガヴァナンスとして組織しやすいし会社法というルールもきちんと存在している。ぼくも、社会課題解決のヴィークルとしてファンドを選んでいるだけなんです。

──つまり、世界一というのはどれだけ社会課題を解決したか、ということですか?

ファンドの総額、リターンの大きさとか色々とありますが、やはり社会に対してどれだけインパクトを残せたか、ということになると思いますね。

TAG

eBayElon MuskHeadlineNewsPayPalRecommendStartupVCY Combinator

──すでに、いくつものスタートアップに投資をされていますが、投資先を選ぶ基準はなにかありますか?

右脳と左脳という基準が一番分かりやすいかな。左脳は、いわゆるマーケットのことで、例えばUberはタクシーそのものではなく、移動そのものを再発明しようとしているから1兆円っていう評価額がついているんです。イノヴェイションの未来ということを考えたとき、人工心臓の開発、代替エネルギーの開発、エイズの特効薬といったものは実はある程度は見通しができていて、その実現可能性を本来はこのままいけば50年後に達成しそうなものを20年後に実現させる、というのがイノヴェイションの作法。産業の歴史を見通しながら、いかに人類の進化を早くするか。これからの世の中がどうなっていくかを分析し、マーケットを適切に理解しながらビジネスチャンスを見いだせるかどうかというロジックですね。

──右脳はどういうことですか?

人ですね。実はANRIの投資先の半分くらいは、当初のビジネスとは違ったものをやっています。仮にロジックでわかっていても、それをカタチにするのはとてもむずかしい。だからこそ、起業家という人間そのものが判断材料なんです。VCの視点からすると、実は起業家ってアイドルを育てるのに似ていると思っています。世界中に散らばっている世界を良くしたいという個人を見つけてきて、適切なマーケットと手法を一緒に考え、あとは売れるまで応援し続ける。この、見つける、連れてくる、応援する、という一連のフローだとぼくは思うんです。

だからこそ、起業家にとって大切なものは、強いエネルギーをもっていること。これって、一、二度会えばだいたいわかります。そのときに、実現したい世界を大量のモックアップや資料で語り続けるくるような、異常なくらいにプロダクトに対して強い思いをもっていれば、あとは最後までカタチにしてくれると信じているし、こちらも全力で応援し続けていきますよ。あと、これはぼくの絶対的な自慢として、人を見る目は外さないということです。なので、ぼくを信じろ、と常に投資先に言い続けています。

──ロジックと直感の両方が大切ということですね。

なので、極端に言えば独断と偏見こそが投資判断ですね。もちろん、やろうとしている分野や市場規模は冷静に見ますが、創業間もない時期や、場合によってサーヴィスもローンチしていない状態の起業家たちもいます。シードファンドだからこそ、最終的には人を見るしかないんです。

──ところで、日本ではスタートアップは増えてきましたが、VCという存在は多くはないのが現状です。

いま日本において、個人でお金を集めて投資活動しているVCは、だいたい15人くらいでしょうか。しかし、どんなに優秀な個人でも、担当できるスタートアップは一般的には8社程度。彼らが共同で出資しているところもあるので、支援できるのは全部で100社程度なんです。これだけスタートアップが増えてきているのに、それを支援するVCが圧倒的に足りていない。いまの10倍くらいはいないと。なので、最近ではヴェンチャーキャピタルスクールという場をつくったりしながら、次の世代のVCを育てる取り組みも始めています。

──VCが増えるためにはどうすればいいでしょうか?

やはり、ワークブランディングができないとだめですね。お金を回して事業を成長させるという仕事は、いうなれば産業をつくっていく存在。最高にカッコいい仕事だと確信しています。しかし、世の中の人は広告代理店や外資系金融機関にみんなこぞって行きますよね。それってカッコよくて儲かるから。つまり、みんながなりたい職業にVCはなっていないのが原因です。VCが、社会性があってカッコよくて儲かるということを広めないと。将来的には、証券出身とか海外の大学を卒業した人とか、ぼくよりももっと優秀な人がVCを目指してほしいですね。

──そうしたなか、VCファンドへの個人投資規制という動きも一部ででています。その点はどうお考えですか?

日本においてはVCの解釈がアメリカやイスラエルなどと少し違っていて、金融機関の子会社的な扱いからスタートしているんです。その結果、大手金融機関と同じような感覚にで進んでいっているんです。それではスタートアップは成長できないし、VCとは言えません。もっとVCが自由に活動できる場をいまからつくっていかないといけない時期なんです。

さらに言えば、一緒に戦っている起業家が成功したのに、投資をした側がいつまでたっても金銭的にリターンを得られないのでは、投資家自身が次のステージの勝負ができません。ヴェンチャーゲームという仕組みの中において、健全にお金が回る仕組みになるためには、VCという存在がもっと活躍できる仕組みが必要です。世界一のVCになって産業構造を変えるためには、規制に対しても戦っていかないといけない。いまのVCという仕事は、誰よりも尊敬とプライドをもっているからこそ、中途半端じゃなく、ちゃんと健全なものにしていくために動いていかないといけないんです。

──これからもずっとVCをやり続けていく予定ですか?

投資も、社会課題解決の手法のひとつでしかありません。いまはVCをやっていて世界一を目指しているけど、この先ずっとVCのみをやっているかは分かりません。ぼくが社会課題を解決する一番よい方法であれば起業するかもしれません。しかし、投資はいくつになってもできるのはたしかです。その時代に合った、最適な方法を選んでいければいいのでは。

──投資という視点から、最近のインターネット業界やテクノロジー業界はどう分析しています?

直近のグーグルやフェイスブックが行っている買収を見ていると、かなり以前から「ウェブ以降」のことを彼らは見通しています。しかし、日本のスタートアップはいまだウェブの世界だけにとどまっています。しかし、今後はウェブ以外の世界、もっと言えばリアルのこの世界をどうしていくかを考えないといけません。誰もがスマホを持っていてネットを当たり前に使う時代において、ネットはもはや特別な人たちだけのものじゃなく、当たり前な存在のツールなんです。そういう時代において、どういうツールを使ってどんな世界を目指していくのかを、10年先を見越して投資をする立場として、もっと大局的な視点をもって考えないといけませんね。

──最近だと、ウェアラブルやIoTといった話題もでてきています。ネットだけはなく、リアルな世界とどう結びついていくか、ということは、これから大きなテーマになってきそうですね。

最終的には、戦争や貧困をテクノロジーで解決したい。おそらくマーク・ザッカーバーグやビル・ゲイツもそんなことを思っていると思います。ウェブだけではなく、さまざまな分野に対してインターネットというツールとスタートアップという手法で、社会課題解決を図っていきたいです。

プロダクトの未来は、起業家が一番理解しています。だからこそ、VCは起業家よりも先の未来や、もっと大局観をもって社会がこれからどうなっていくかを真剣に考えていかないといけません。もちろん、ファンドというプロダクトは誰にも負けませんよ。世界一のVCを目指し、そして今後の新しい未来を見据えて前に進んでいきたいですね。

TAG

eBayElon MuskHeadlineNewsPayPalRecommendStartupVCY Combinator