韓国陸軍、各部隊内の暴力やセクハラなど不法行為が次々と明るみに―韓国メディア

写真拡大

韓国KBSワールドラジオ中国語サイトは20日、「陸軍部隊内の暴力やセクハラなど不法行為が次々と明るみに」と題した記事を掲載した。

最近、韓国陸軍の各部隊内でベテラン兵が新兵に暴力をふるったり、セクハラしたりといった不法行為をしていることが次々と明るみになり、国民の怒りを買っている。金曜煥・陸軍参謀総長は20日、「部隊内に暴力や性暴力などの行為が存在することは国軍の団結を阻み、国民の信頼を損ねることになる。軍全体の士気低下も招く。各地の部隊に蔓延するこのような暴力行為を早急に徹底的に排除し、健全な軍の文化と秩序を構築し、国民の陸軍に対する信頼を取り戻さなければならない」と語った。

金氏はこのほか、「反人権的な暴力事件が起きた部隊や真相の隠ぺいを画策した部隊に対し、強硬な措置を講じて厳しく処分する」と表明した。

(編集翻訳 小豆沢紀子)