映画『風邪(ふうじゃ)』/(C)2013 『風邪』 製作委員会

写真拡大

極秘裏に開発された特効薬をめぐる壮絶な利権争いに巻き込まれていく一人の女性を描いたサスペンス映画『風邪(ふうじゃ)』が、9月27日(土)より全国の映画館で公開されることが決定した。

主演のスパイ・桜子役を務めるのは『のんちゃんのり弁』で「第31回ヨコハマ映画祭」や「第64回毎日映画コンクール」など、数々の映画賞で主演女優賞を受賞した小西真奈美さん。

さらに劇中の鍵となる特効薬・風邪ワクチンをつくり出した天才科学者・紀久生役を、『GO』で新人賞を総なめ、近年では『ヘルタースケルター』や『サンブンノイチ』などの多くの作品でその名演・怪演を絶賛された窪塚洋介さんがつとめる。

劇中では、波紋を呼んでいるSTAP細胞事件を予見したかのような衝撃の結末が待ち受けているという。

柄本明、秋吉久美子ら豪華俳優陣が脇を固める


映画『風邪(ふうじゃ)』 小西真奈美さん

映画『風邪(ふうじゃ)』 小西真奈美さん/(C)2013 『風邪』 製作委員会



映画『風邪(ふうじゃ)』 窪塚洋介さん

映画『風邪(ふうじゃ)』 窪塚洋介さん/(C)2013 『風邪』 製作委員会



本作には、前述の小西真奈美さんと窪塚洋介さんに加え、柄本明さん、秋吉久美子さんといったベテランから、ナレーターやタレントとして活躍するクリス・ペプラーさん、アジアを拠点に俳優として活躍している和田哲史さんといった、豪華な名前が名を連ねている。

監督・脚本は、劇場アニメ『AKIRA』やTVドラマ「スケバン刑事」シリーズをはじめ、数々の作品を手がけてきた橋本以蔵さん。撮影監督は「踊る大捜査線」シリーズや、『蛇にピアス』などの大作に携わってきた藤石修さんが務めている。

また主題歌「五月雨の道」を歌うのは、演歌歌手の八代亜紀さんに決定している。