この夏、バスケットボール界は一人の若者の動向から目が離せなかった。富樫勇樹、21歳。彼が決断した選択は、ファイナルまで進出したbjリーグの秋田を離れ、NBAへの登竜門と言われる7月のサマーリーグ参戦を果たすことだった。そして8月には、若手中心の日本代表に選出され、国際親善試合のジョーンズカップに出場した。誕生日である7月30日を挟んで、この夏2つのビッグチャレンジに挑んだ富樫。NBAを目指した理由と手応え、そして今後について、ジョーンズカップが行なわれた台湾にてインタビューを行なった。

富樫勇樹インタビュー(1)<NBAサマーリーグ編>

bjリーグで自信がついたので、
もう一度、海外に挑戦しようと思った

 日本人では史上4人目となるNBAサマーリーグのロスター入りを果たした富樫勇樹(過去には田臥勇太、川村卓也、竹内公輔(※)がロスター入り)。

 ダラス・マーベリックスの一員として、5試合のうち4試合コートに立った富樫は、7月16日のシャーロット・ホーネッツ戦に10分51秒出場し、3ポイントや1対1からのフローターシュートなどで12得点をあげて見せ場を作った。NBAのドラフトに直接つながるほどのインパクトとはいえなくても、167cmの東洋人がサマーリーグで注目を集めたことは、日本のバスケットボール界にとって、久々に沸いた明るいニュースだった。
※田臥勇太(2003、04、06、08年にサマーリーグ出場。04年のサマーリーグ後、NBAフェニックス・サンズの一員として公式戦に出場)
川村卓也(09年サマーリーグに出場後、帰国)
竹内公輔(10年サマーリーグに出場後、帰国)

 富樫勇樹の海外挑戦は、父・英樹氏が指導する新潟県の本丸中学校(現在は新潟県の開志国際高で指導)で全国制覇を遂げたあとから始まった。彼が進学先に選んだのは、アメリカのメリーランド州にあるモントロス・クリスチャン高。今回は高校以来となる二度目の渡米だった。彼がアメリカに突き動かされる理由とは――

―― 高校卒業後、1シーズン半在籍したbjリーグから離れてNBA挑戦を決意した理由は?

 bjリーグでは本当に成長できたと実感してるんですけれど、もう1シーズンbjリーグでプレイして、昨シーズン以上の達成感を得られるのかと考えたら無理だと思ったのと、もっと自分を成長させたいので海外挑戦を決めました。

―― bjリーグで得た達成感というのはどういうものですか?

 秋田では中村和雄ヘッドコーチに信頼してもらって、自分がポイントガードということで大事なところでは攻めることを任せてもらっていたので、やりがいがありました。正直言うと、高校時代は楽しいという感覚でバスケはやっていなかったんです。高校時代の自分はどちらかというとボールを回す脇役で、好きなプレイはさせてもらえなかった。それが日本に帰ってきて自由に攻めさせてもらったことで自信がついて、もう一度、アメリカに挑戦しようと思えたので、それは良かったかなと思います。

―― ダラス・マーベリックスの一員として、サマーリーグでプレイした手応えは?

 bjリーグのシーズンが終わってすぐにダラス入りしたのが良かったのか、コンディションを落とすことなくプレイできました。出場時間をもらって少し活躍ができて自信になったし、スピードは通用したと思います。だけど、全体的に言えば自分に足りないものが見えた5試合でした。ただ、サマーリーグに出ることが今年の一番の目標だったので、それは達成できました。

―― 最初からダラスでのロスター入りに狙いを定めて渡米をしたのですか?

 ダラスだけに絞っていたわけではないんですけど、エージェントの方が色々と動いてくれて、NBAのダラスやニューオリンズでアシスタントコーチの経験があるチャーリー・パーカーに話をつけてくれました。パーカーコーチは今シーズンからbj群馬のヘッドコーチになるんですけど、ダラスの事情をよく知っているので。

―― 海外でプレイするには、信頼できるエージェントと契約することも重要になりますね。

 初めてのNBA挑戦だったので最初は何もわからなかったんですが、少しでも興味を示してもらえるチームに行きたいということで動いてもらいました。もちろん、「最終的には実力が必要」だとパーカーコーチには言われたんですけど。ダラスに行って2日目にピックアップゲームをした時に、ダラスの関係者にプレイを見てもらって、サマーリーグ前のミニキャンプに呼ばれた形です。

―― サマーリーグに出るまでには、どのようなワークアウトを行なって準備したのですか?

 ほぼ毎日、パーカーコーチと一緒にワークアウトをしました。彼は、サマーリーグでNBAのコーチが何を見るかということを知っているんですね。オフェンスは自分が持っているスキルをどう出せるかと言われたんですけど、ディフェンスはやり方しだいで短期間でも変われると言われました。

 特に自分は身長が低いのでディフェンスではミスマッチになるので、その部分でやれることを練習から見せることが大切だと言われました。ポストアップされた時の守り方やスクリーンの位置によっての守り方だったり、いろんなシチュエーションでのディフェンス練習ができたのは良かったと思います。あとは、NBAでもDリーグ(※)でもオフェンスではピック&ロール(※)がすごく多いので、2時間のワークアウトの中で半分はピック&ロールの練習をしていました。
※Dリーグ = NBAデベロップメントリーグ、NBAの育成組織のリーグ
※ピック&ロール = 2対2の攻防でスクリーンを使ったコンビプレイ

―― サマーリーグではメンバーとすぐに呼吸を合わせて試合をしなければなりません。大変だったところは?

 日本の選手以上に、全選手がプライドを持っているところですね。サマーリーグにはNBAにいた選手ももちろんいるし、ドラフトに引っかかった選手もいるので、みんな意識が高かった。そんなところに入って、最初は自分からは言いたいことを伝えることができなかったんですけど、コートの外で話して仲良くなってからは、コート内でも遠慮せずに言えるようになりました。

―― 即席のチームでもパフォーマンスを出すという点において、高校時代にアメリカでプレイしたことが役立っていますか?

 そうですね。こういうトライアウトって、最初の練習がいちばん大事だと思うんです。そこで周りの選手に「この選手はうまい」と思われないとパスはもらえない。日本人はチームプレイを大切にするのはいい部分なんですけれど、トライアウトではパスばっかりしていても評価してもらえないので。もちろん、シュートだけというのはよくないですけど。見せるところでは自分を見せなければならないとパーカーコーチからは言われていたし、高校時代も練習で結果を出さなければ試合に出られない環境だったので、そこは以前アメリカでプレイしたことが役立っています。

 あとは、ナイキが主催するキャンプに2回、BWB(※)のアジアキャンプに1回出たことも大きい。その3回のキャンプでも何かしらの賞は取れているので、コーチ陣にアピールする経験をしてきたことが生かせたと思います。

※BWBアジア = バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ・アジア(FIBAとNBAが主催するアジアで有望な選手が出場するキャンプ)

―― 改めて聞きたいのですが、今回の渡米は、高校進学の時に渡米した時とは決意は違うものなのですか?

 全然違いますね。中学のときは何もわからず、言葉がわからない大変さも知らずに行ったんです。あのときはアメリカ行きを悩んだというよりも、日本の高校をどこにするかで悩んだという感じですね。両親は「自分の好きなところに行け」と言ってくれて、考えた末に「アメリカに行く」と言ったら「本当に行くの?」みたいな感じだったんです。父を通してお世話になった高校の先生はたくさんいたんですけど、そうじゃなくて、知らないところでプレイしてみたかったので、アメリカ行きを決めました。

 でも、NCAAディビジョン1のフルスカラシップ(学費全額免除の奨学金)のオファーがもらえなかったので、アメリカの大学に進学することは断念せざるを得なくて、それは本当に悔しかった。高校3年間、自分なりには努力してきたつもりだったんですけど、フルスカラシップをもらえなかったというのは実力不足だったということ。日本に帰ってくる決断をした時はアメリカに戻るとは思ってなかったけれど、bjリーグである程度の自信がついたので、もう一回、海外に出てチャレンジしたいという気持ちになりました。今はNBAが無理でも、Dリーグでプレイするためにトライしたいです。

【プロフィール】
富樫勇樹(とがし・ゆうき)
1995年7月30日生まれ。新潟県出身。スピードあるプレイと1対1の得点力を持つ167cmのポイントガード。本丸中学校3年時に、父・英樹氏のコーチのもとで全国優勝の原動力となり、高校はアメリカのモントロス・クリスチャン高に留学。帰国後の2012−13シーズンにbj秋田にアーリーエントリー制度を用いて入団し、新人王を獲得。2013−14シーズンにチームをファイナルに導く活躍でベスト5を受賞。2014年に日本人で4人目となるNBAサマーリーグに出場し、さらに日本代表入りを果たす。

(つづく)

小永吉陽子●文 text by Konagayoshi Yoko