写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●朝、出社したらまずアイスの試食連日の猛暑…冷たいものが欲しい、とお店に走った人も多いのではないでしょうか。今回注目したのは、バニラアイスにチョコをコーティング、ひと口で食べやすい「ピノ」。超定番ともいえる「ピノ」はなんと1976年生まれのアラフォー! ロングセラー商品の裏側で活躍するアイス開発のお仕事について伺いました。

お話しいただいたのは、森永乳業 食品総合研究所の井上恵介さん。1999年の入社以降アイス開発に取り組み、「MOW(モウ)」などを担当、現在は「ピノ」を担当しているそうです。なんと2011年に「多変量解析を用いたアイスクリーム及びホイップクリームの品質設計に関する研究」というテーマで博士号を取得したという本物の「アイス博士」なんです。

○誕生以来、基本設計は変わらない

--ピノが今年で39歳というのは、驚きでした。

井上さん「かわいい名前なんですけど、もうすぐ40歳なんです(笑)」

--開発にアイス博士がいらっしゃるのも面白いです。

井上さん「あまりいないですよね、アイスで学位をとるというのは…(笑)。私の場合は、アイスクリームのおいしさを数式にすることがテーマでした」

--もとからアイスの研究をされていたんですか?

井上さん「実は、学生時代は蚕の研究をしていたんです。遺伝学をやっていたので、会社に入って一からアイスの研究をすることになりました。物事を論理的に解するための基本的な知識は一緒なんですが。下積みからやっていくという仕事ではないので、アイスをどう科学的に見ていくか、という視点でやっていきましたね」

--ピノは誕生39年ということですが、最初に開発されていた方は社内にいるんですか?

井上さん「発売当初に関わっていた人はほとんどいないと思います。私が1歳のときからある、幼なじみ的存在です(笑)。基本設計はまったく変えていないですね。ずっとひと口サイズの形状、チョコでコーティングされたアイスクリーム、6粒です」

--資料によると、海外へ視察に行った際に見つけた一口サイズのアイスクリームから発想を得たとか…。

マーケティング担当「元々、子供でも食べやすいサイズとしてこの形が発案されたようです。その当時の日本のアイスは今のようにバリエーションが多くなかったため、、アイスクリームの技術が発達していたアメリカへ視察に行ったそうです」

--それから39年、どんな歴史があったんですか?

マーケティング担当「いくつか転換期はあります。ずっとバニラ1品で展開していたのですが、『いろんな味が食べたい』というお客さまの声から、1992年にマルチパックを発売したのもそのひとつ。2004年には、期間限定フレーバーとして『いちご』を発売して、これまでに49品目発売してきました」

井上さん「お客さまから1番支持していただいているのは味なんですよね。いつ食べても『ピノの味だ』『おいしいよね』と言っていただけるんです。実は時代の嗜好(しこう)にあわせてちょっとずつ味を変えているのですが、お客さまからは変わったねと言われないようにブラッシュアップしています」

--古くならないけど、変わりすぎず…

井上さん「古くなって年をとったブランドだと思われたくないですね。本格感とか、リッチ感、濃い味といった時代のトレンドを少しずつ取り入れています」

○毎日朝イチでアイスを試食!

--今たくさんのフレーバーが出ていますが、開発のときにはたくさん試食しているんですか?

井上さん「そうですね」

--おなかがいたくなったりしないんでしょうか!?

井上さん「それはないです(笑)。でも相当食べますよ! 会社に行くと、朝イチの仕事が試食なんですよ。研究所のメンバーがみんな試作品をつくるので、ずらーっとテーブルに並べて食べていく作業になります」

--朝一番にアイスを試食…すごいですね

井上さん「お昼のごはんのあとにもあります。1日2回、みんなのアイスを評価する時間があるので。ちょっとした食事朝食みたいなものですよ。だからたまに試食がないと『おなかが減ったな…』と思ってしまいます。

ただ、おいしいものだけではなくて…みなさんはおいしいアイスしか食べたことないでしょうけど、われわれはそうじゃないのでつらいことがあります。あまり詳しくは言えないですけど、食べた瞬間に吐き出されるものもありますよ(笑)。いいものだけじゃなくて、だめなものも評価しなければいけないんです。アイス以外の開発をしているメンバーも『楽しそう〜』と来るんですが、つらいサンプルもあります(笑)」

--両方食べないと評価できないということですか?

井上さん「そうですね。他にも品質保証のための試食もありまして…例えば抹茶って、熱や光に弱いんですよ。光にあたると抹茶の色が変わって、劣化してしまうんです。どれくらいの抹茶が風味的に悪くなるか、見なければいけないんです。

よく言われるのが、当社のアイス開発者には太ってる人が全然いないこと。『アイスをそんなに食べてるのになぜ太らないのですか』と聞かれますが、理由はわからないんですよ(笑)。試作をするのにけっこう体力がいるからかもしれません。やっぱり大量の原料を溶かしたりとか、肉体労働に近いですから。汗かきながらやっています」

●アイスのレビューサイトをみて反省することも…○新作アイスが世に出るまで、約1年

--生産に入るまでのプロセスを簡単に教えていただけたら

井上さん「まずは製品コンセプト。マーケティング部から『こういったものをつくりたい』という依頼書が出て来ます。それにしたがって配合を考えます。実現するために、どういった原料をどれだけ入れたらいいのか。またそのためにクオリティの高い原料を各メーカーさんからご提案いただきます。もちろん味も良くないといけないし、限られたコストの中で考えて試作の繰り返しですね。ある程度いいものができたら、メンバーと食べて、マーケティング部に試作品の評価を依頼します」

--原料を仕入れるのにはどういうやりとりをするのですか?

井上さん「原料メーカーさんがあるんですよ。いろいろなメーカーさんがあって、クオリティの高いところにお願いして組み合わせています。いい素材を持ってくるというのも仕事のひとつです」

--この原料だったらこのメーカーさん! などあるんですね

井上さん「そうですそうです。ただ『これは絶対用意してくれ』といっても、『海外の原料で、すぐには用意できません』ということや、量がないので使えないということもあります」

--開発部でOKが出た試作をマーケティング部に持って行くと、また要望があるのですか?

井上さん「そうですね、マーケティング部の求める味とすり合わせることになります。『もっと味を濃くしよう』とか『後味をすっきりさせよう』などのフィードバックをもとに最終的にブラッシュアップしていきます。法規法律に違反してもだめですし」

--違反する場合というのは?

井上さん「『アイス』には、いろいろな決まりごとがあるんですよ。例えば、イチゴの詳細なイラストや写真を使うためには5%以上のイチゴ果汁や果肉が入っていないとだめです。細かく規定がありまして、脂肪分や乳固形分の割合によって『アイスクリーム』『アイスミルク』『ラクトアイス』と、商品上の種類別表記も違ってきます。味の面、法律の面、製品コンセプト、いろいろなこと考えながら作っていきます」

--いろいろクリアしたうえで、生産の方に行くんですね

井上さん「そうですね。工場へ行ってどうやって生産するか…われわれが手作りするレベルと、工場の機械で製造するレベルというのは規模や作業が違ってきますから。テストして、これで風味的にも製造的にも問題なしとわかって、初めて製品として成立します」

--実際に世に出るまではどれくらいの時間がかかるのですか?

井上さん「商品によってまちまちですが、大変なものはやはり時間が掛かります。平均すると約1年はかかっています」

○味覚を鍛える研修が存在する

--研究所で試作する際には、アイスを作る機械があるんですか?

井上さん「いっぱいありますよ(笑)」

--家でもピノを作れるんですか?

井上さん「あんなに大きい機械は家にはないですが、持って帰ったらできるかもしれません。アイスのできたてはすごくおいしいですよ! 製品は冷凍下で固い状態になってしまうと思いますが、できてすぐの柔らかい状態は本当においしいです」

--できたてに近い形で食べるには、少しおいた方がいいのかも…

井上さん「そうですね、ちょっと溶かして」

--細かな味の違いは入社してわかるようになるものですか?

井上さん「全社的にトレーニングをしているんですよ。社内の制度ですが、『風味パネルマイスター制度』といって、甘味や塩味などの『基本5味』を配合した水が並んでいて、利き酒のように『これは○○です』といったテストをします。一般の人ではわからないレベルのものもあります」

--社内で『あいつは舌がすごい!』と言われるような人はいるんですか?

井上さん「いますね。一定基準をクリアした人は『風味パネルマイスター』という称号が与えられます」

--アイスの開発でうれしいのはどんなところですか?

井上さん「1番良いのは、アイスが嫌いな人がほとんどいないところです。それはやってて楽しいですね。自分の製品の評判は気になるので、WEBの評価サイトも見るようにしています。いいコメントだとうれしいし、辛辣(しんらつ)だと今回足りなかったのかな、と反省します…」

--今まで関わったなかで、1番好きな味はなんですか?

井上さん「最新の『ピノ 香り広がる抹茶』ですね!」

--香りが広がるような工夫がしてあるんですか?

井上さん「そうですね、チョココーティングの部分に宇治茶葉を使っています。製品そのものから香り立つようなアイスにするには…と考えて、チョコがとけたときに口の中から香りが感じられるようなものがいいなと考えたんです」

--今後つくりたいものはありますか?

井上さん「もっと、高齢者の方に好まれるものとか、健康や美容方面に合致していくものも良いのではないかと思っていますね。ピノは高齢者や女性が一口で食べやすい製品なので、いい切り口になるのではないかと思います」

--ありがとうございました!

(目黒せつこ)