写真提供:マイナビニュース

写真拡大

部屋の片づけが苦手な妻。脱いだ服はそのままだし、食べ終わった食器もそのまま。結婚する前は「きれい好き」だって言っていたのに……。今回は、マイナビニュース会員の既婚男性171名に「妻について結婚して初めて知ったこと」を聞いてみた。

Q.妻について結婚して初めて知ったことはありますか?

はい 24.0%いいえ 76.0%

Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)それはどんなことですか?

■片づけられない女だった・「片付けられない」(49歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)・「片付けが苦手なこと」(59歳/学校・教育関連/事務系専門職)・「片づけることが嫌いなことです」(52歳/医薬品・化粧品/技術職)・「部屋を片付けられないこと」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

■意外な性格・「意外と頑固」(60歳/電機/技術職)・「強気な性格」(43歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)・「意外とルーズ」(53歳/印刷・紙パルプ/技術職)・「思っていたよりも神経質でナーバスな部分があること」(52歳/電機/事務系専門職)

■生活習慣の違い・「とにかく睡眠時間が短かった、ナポレオンかと思った」(48歳/情報・IT/技術職)・「どういう生活スタイルなのかということ」(33歳/機械・精密機器/技術職)・「三食きちんと決められ時間にとる、規則正しい生活習慣を守っていることです」(55歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「具体的には覚えていないが、一緒に暮らしてから生活習慣の違いや考え方の違いに戸惑うことや時にはけんかもした」(55歳/その他/販売職・サービス系)

■意外と家事が…・「料理が下手」(48歳/通信/事務系専門職)・「料理が案外上手」(44歳/その他/事務系専門職)・「家事が雑」(45歳/電機/技術職)・「うすうす感じてはいましたけど、思った以上に家事ができ、思った以上に頭がよかった」(48歳/情報・IT/技術職)

■その他・「納豆の食べ方」(46歳/建設・土木/技術職)・「ご両親の仲が悪いこと」(45歳/その他/クリエイティブ職)・「夢遊病のところがたまにある」(35歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)・「彼女が会社で将来の初の女性幹部と見込まれていたため、結婚で会社を辞めたことを怒られてしまった」(54歳/電機/技術職)

■総評結婚して初めて知った妻の意外な一面として、「片づけられない」ことを挙げた人が多かった。近年、片づけられない女性が増えていると言われるが「まさか、自分の妻が……」と驚きを隠せないよう。妻のほうも結婚前は必死でごまかしていたのかもしれない。それとは対照的に「異常なほどのきれい好きだった」という声もある。片づけられないよりはいい気もするが、きれい好きも度を超え「潔癖症」になってしまうと少々厄介なようだ。

「怒りっぽい」「気が強い」といった妻の意外な性格にもガッカリの声が寄せられた。暴言を吐かれた、手をあげられた…なんていう気の毒な男性もいるようだ。まさに「だまされた」という気分だろう。

そんなネガティブな声が多い一方、「実はすごく奥ゆかしい」「尽くしてくれる」といった喜びの声も寄せられている。「料理が意外と上手だった」というのもラッキーなパターンだ。他にも、オナラをよくすることや子どもっぽいところ、食わず嫌いが多いことなどが挙げられていた。

「いまだに知らないことがあると思う」という意見もみられた今回のアンケート。あなたの妻にも、まだまだ知らない驚きの一面があるのかも?

※写真と本文は関係ありません

調査時期: 2014年7月2日〜2014年7月23日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性171名調査方法: インターネットログイン式アンケート

(アリウープ)