生活シーンに合わせて使える

写真拡大

タカラトミーアーツは、言葉と音楽で子供をほめて"やる気"を育てる、子育て支援のための玩具「やる気ボタン」を2014年8月21日から全国で発売する。

ボタンを押してやる気をチャージ

嫌がる子どもにどう接すればやる気が起きるのか、悩む多くの親を手助けしようと、「母親のための学びの場」マザーカレッジ主宰者の江藤真規さんと共同開発した。生活のシーンに合わせたほめ言葉やメロディーで、子どものやる気を引き出しつつしつけを行う。

大きなメインボタンの周りにそれぞれのモードボタンとセレクトボタンが配置されたつくり。

子どもはスタート時とストップ時にメインボタンを押すだけで遊ぶことができ、保護者が生活のシーンに合わせた5つのモードを選択し使う。

制限時間を保護者が自由に設定し、その中でお手伝いなど子どもの働きを励ます「やるきモード」。

こどもに片付けや着替えを促す「おかたづけモード」「おきがえモード」では、開始前に中央のメインボタンを何回も押すと、「やるきチャージ」が行われる。開始後は本体から「やる気UP音楽」と『お片付けの天才!』などといったほめ言葉が流れ、子どもを励ますという。

「はみがきモード」と「ただいまモード」はオリジナルのガイドソングに合わせて歯磨きや手洗いを促す。曲にはほめ言葉が盛り込まれており、1曲で動作も終了する仕組みになっている。

「子どもとのコミュニケーションが何より大事」という江藤さんの教育信念が反映された仕様になっていて、同梱されている取扱説明書にも江藤さんのアドバイスが掲載されている。

なお、ほめ言葉とガイドソングはママさんタレントの渡辺満里奈さんが担当している。

価格は1個3500円(税抜)。

対象年齢3歳以上。