スカイマーク救済に名乗り?(エアアジア・ジャパンの経営陣)

写真拡大

 欧州エアバス製の「スーパージャンボ機(A380)」6機の納入を“ドタキャン”するなど深刻な経営危機に陥っているスカイマークは、この先一体どうなってしまうのか。

 現状では成田空港を発着する路線からの撤退や、最大69%となる普通運賃の値上げを矢継ぎ早に決めるなど収益回復に努めようと必死だが、所詮は「焼け石に水」なのかもしれない。

 そこで、他社の傘下入りも囁かれる中で出てきたのが、日本経済新聞が8月19日に一面トップで報じた「エアアジアによる救済検討」だ。

 エアアジアといえば、来年夏に日本への再参入を表明しているマレーシアのLCC(格安航空会社)で、日本法人の出資者には楽天やノエビア、アルペンといった異業種も名を連ねる。

「エアアジア・ジャパンは中部国際空港を拠点に国内・国際線を順次就航させる予定だが、3500万人規模の後背人口を誇る成田・羽田の首都圏空港と比べると半分以下の集客しか望めない。そこで、ドル箱路線の羽田に36の発着枠を持つスカイマークは喉から手が出るほど欲しいはず」(経済誌記者)

 しかし、エアアジアグループを率いるトニー・フェルナンデスCEOはツイッターで「スカイマークに興味はない。われわれは新会社に焦点を絞っている」と日経報道を否定。真相は藪の中となっている。

 スカイマークの経営権を手中に収めたいと狙っているのは、なにもエアアジアばかりではない。大手航空会社の関係者は、あらゆる可能性を指摘する。

「国内では中堅の航空会社を系列に収めながら羽田や成田のシェアを守ってきたANAも、LCCの台頭で利益先細りの危機感を抱いているため、スカイマークの羽田便には魅力を感じているはず。

 海外エアラインがスカイマークとアライアンスを組む選択肢も否定できません。

 例えば日本の会社と提携していないデルタ航空(アメリカ)や、他社への資本注入に積極的な中東(本拠はドバイ)のエミレーツ航空はエアバス機の“お得意様”。スカイマークのキャンセル機の買い取りを打診して日本参入の足掛かりにしてもおかしくありません」

 スカイマークの西久保慎一社長は7月末の会見で、

<どんなに会社を縮小しても、負債を背負うことになっても、独立した形で経営したい>

 と、他社の救済を仰がずに生き残りたいとする気概を見せていたが、もはや独立経営を継続する道は閉ざされてしまったのか。

 航空経営研究所の赤井奉久所長は、こんな見方をする。

「すべてはエアバスが要求しているA380の違約金次第といえます。一説では720億円にもなるといわれていますが、あまり現実的な額とは思えません。

 もちろんそんな巨額をスカイマークが払うことになったら、2014年4〜6月期の決算で最終赤字57億円、現預金も70億円足らずしかない会社はすぐに吹き飛んでしまうでしょう。

 でも、エアバスだってそこまで莫大な違約金を取れば、今後、他のエアラインが航空機を発注する際に腰が引けてしまい、販売上に影響が出ないとも限りません。

 仮に、スカイマークがすでに手付金として支払っている260億円プラス多少のペナルティーでキャンセル問題が解決すれば、まだ独立経営で生き残れる可能性もゼロではありません」

 これまでJAL、ANAの寡占状態に“一匹狼”で風穴を開けてきたスカイマーク。背水の陣で日本の空を死守することができるか。