ソフトバンクは8月29日から、Androidスマートフォン向けに月額370円(税抜)でアプリを利用できるサービス「App Pass」を開始すると、プレスリリースを通して発表しました。
 

「App Pass」ってどんなサービス?

ソフトバンクのApp Pass(アップパス)では、ゲームやエンターテインメント、ビジネスなどの多彩はジャンルから、厳選された人気の高いアプリケーションを提供するとのことです。このApp Passは、docomoの「スゴ得」やauの「スマートパス」と同じように、月々の使用料金で複数のアプリが利用できるというサービスです。
 
AppPass
またサービスに加入すると毎月500円分(税込)の「App Passチケット」がもらえます。これは「App Pass」からインストールしたアプリケーション内で有料アイテムなどを購入する際に利用できるチケットとなります。
 
AppPass

どうすれば使えるの?

App Passを利用するには、ソフトバンクショップかMy SoftBankでの申し込みが必要です。申込み後に届くウェルカムメールなどの案内にしたがって、App Passをダウンロードしてサービスを利用します。対応機種はAndroid OS4.1以降の機種になります。

スプリントでもサービス提供

アメリカで通信サービスを提供しているスプリント・コーポレーションでも、日本で提供する内容と別のものになりますが、App Passサービス提供を開始します。
 
AppPass
サービス開始当初に利用できるアプリ一覧を見ると、ゲームやエンターテインメントのジャンルが多く出るようですが、今後はiPhoneやiPadでも利用できるコンテンツの提供や、コンテンツ内容の充実に期待したいところですね。
 
 
参照元:ソフトバンク
執 筆:KSM