<男子世界ランキング>
 17日(日)付けの最新男子世界ランキングが発表された。
 先週の米国男子ツアー「ウィンダム選手権」で2010年以来のツアー優勝を挙げた“スパイダーマン”カミロ・ビジェガス(コロンビア)が前週の254位から112位にジャンプアップ。また同大会2位のビル・ハース(米国)も前週の37位から30位に順位を上げている。
 日本勢の最高位は松山英樹で変わらず。先週の「ウィンダム選手権」では予選落ちを喫したが、前週と同じ18位をキープしている。その他、小田孔明が61位、石川遼は83位となっている。
 尚、世界ランク1位にはローリー・マキロイ(北アイルランド)が君臨し、通算在位週を“42”に伸ばした。

【男子世界ランキング】
1位:ローリー・マキロイ(11.15pt)
2位:アダム・スコット(9.15pt)
3位:ヘンリク・ステンソン(8.10pt)
4位:セルヒオ・ガルシア(7.80pt)
5位:ジャスティン・ローズ(7.35pt)
6位:ジム・フューリク(6.79pt)
7位:マット・クーチャー(6.55pt)
8位:バッバ・ワトソン(6.51pt)
9位:ジェイソン・デイ(6.18pt)
10位:フィル・ミケルソン(6.17pt)
18位:松山英樹(4.64pt)
30位:ビル・ハース(3.39pt)
61位:小田孔明(2.18pt)
83位:石川遼(1.71pt)
112位:カミロ・ビジェガス(1.35pt)
128位:谷原秀人(1.25pt)
136位:片山晋呉(1.22pt)
180位:宮里優作(0.99pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】松山と石川に拍手を送り、夢を見る
ゴルフ界に蔓延る問題を徹底討論!「Gボイス」テーマ一覧
気になるギアの“本当の性能”を丸裸!ギアナビランキング
美女ゴルファーが100人以上!!「今日の美ゴ女」登場者一覧