●三匹を斬る ―前編―

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© タカヒロ・田代哲也/スクウェアエニックス・「アカメが斬る!」製作委員会
<キャスト>
アカメ:雨宮天
タツミ:斉藤壮馬
マイン:田村ゆかり
レオーネ:浅川悠
シェーレ:能登麻美子
ラバック:松岡禎丞
ブラート:小西克幸
ナジェンダ:水野理紗
エスデス:明坂聡美
イエヤス:高橋孝治
サヨ:小松未可子
アリア:佐藤奏美
首斬りザンク:鶴岡聡
クロメ:大橋彩香
セリュー・ユビキタス:花澤香菜
リヴァ:中田譲治
ニャウ:生天目仁美
ダイダラ:勝杏里

●ストーリー
人が次第に朽ちゆくように国もいずれは滅びゆく────
千年栄えた帝都すらも今や腐敗し生き地獄
人の形の魑魅魍魎が我が者顔で跋扈する
天が裁けぬその悪を闇の中で始末する
我等全員、殺し屋稼業────。
帝歴 1024年。
帝国の圧政によって苦しむとある村の少年剣士・タツミは、村を救う希望とお守りを胸に、幼馴染みと共に帝都へ出稼ぎに出発する。
道中、夜盗の襲撃に遭い散り散りになりながらも、たった1人帝都に辿り着いたタツミを待ち受けていたのは、絶句するほどに腐敗しきった帝都の真の姿だった。
「最近、帝都の重役や富裕層の人間を狙う恐るべき殺し屋集団がいる。」
一方でそういった噂を耳にしたタツミは、身をよせた貴族の家で闇夜に潜む彼らの存在に気がつく。
殺し屋集団────── ナイトレイドたちの存在に。
●オープニング
美少女将軍エスデス、彼女の望みは、

エスデス「恋をしたいと思っています。」

それは一時の戯れ。それとも…。
●平静
自らも重傷を負ったのに加え、シェーレを失ったマインには大きな心の傷を受けているようです。それに比べると平然としているアカメ。

※タツミとしてもセリューがシェーレを殺害した事が信じられない様子。

しかし、アカメはシェーレの死に対して平静を装っているものの、

アカメ「平静?私だってシェーレがいなくなって悲しくないわけがないだろ!」

タツミにとって漸くアカメの心の中が見え、それにより自らを戒めます。
●三獣士
エスデスの部下である三獣士。彼等は強大な武力と残虐な性格で政府の高官(文官)を中心に襲撃します。

そして襲撃したうえでナイトレイドによるものと偽装する用意周到ぶり。

もちろん、それらが実行出来るのはナイトレイドと同等以上の武力が無いと不可能なのですが…。

ニャウ「あのお姉ちゃん、顔を剥いでいる途中でショック死しちゃった!」
●リヴァ
もちろんナイトレイドもこの状況を看過するわけにはいかず、次の標的と思しき2人の文官に対してアカメとラバック、タツミとブラートに分かれて護衛する事に!

そんなときブラートは透明の術を使いながらタツミに昔話をします。彼の上官は賄賂を贈らなかったが故に無実の罪で投獄されてしまい、それから別れたという事ですが…。

脳に響く笛の音、それによって誘われたタツミは三獣士・ダイダラと戦う事に!

ブラート「馬鹿野郎、タツミ!」

ブラートはタツミに代わってダイダラと戦う事に!

リヴァ「その強さ、やはりブラートだったのか。」

三獣士・リヴァ、彼はブラートの元上官だったのです。

出来れば戦いたくなかった2人。しかし、こうなれば戦いは避けられません。

「アカメが斬る!」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「アカメが斬る!」第6話「シェーレの死」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第5話「ドジっ娘シェーレ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第4話「死によって訪れた平穏」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第3話「マイン、タツミを認める!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第2話「初仕事」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「アカメが斬る!」TVアニメ公式Webサイト
「アカメが斬る!」AT-X公式Webサイト