●ガール・アイデンティティー

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©浜弓場 双・芳文社/ハナヤマタ製作委員会
<キャスト>
関谷なる:上田麗奈
ハナ・N・フォンテーンスタンド:田中美海
笹目ヤヤ:奥野香耶
西御門多美:大坪由佳
常盤真智:沼倉愛美
常盤沙里:豊口めぐみ
山ノ下祥子:若井友希
小町結果:高井舞香
梶原亜里沙:山本彩乃
大船勝:小山剛志
関谷直正:大川透

●ストーリー
容姿も普通、頭も普通、美術や体育……何だって普通。
そんなフツウだらけのぱっとしない14歳、関谷なる。
おとぎばなしに出てくるような“ヒロイン”に憧れて、いつかこんな世界から連れ去ってくれる誰かを待っていたけれど、中学2年生になった今も、あいかわらずフツウの毎日。
そんなある日、なるは月光の下に和装で舞う金髪の少女に出逢う。
「私と一緒に、よさこいしませんか?」
突然の出来事に戸惑うなるだけど、異国の少女ハナに導かれ、
次第に『よさこい』という非日常の世界へと踏み出していく。
まだ子供だけれど、ちょっぴり大人。
花々しい少女達の物語が今、幕を開ける――。
●オープニング
笹目ヤヤの参加しているバンド、残念ながらコンテスト本戦で儚く散りました。

そのショックのため、笹目ヤヤはしばらく何も手につかない様子。

さて、今回のお話は…。
●衣装
常盤沙里がハナ達に色々と動物系のコスプレをさせて撮影をしています。

ハナ「何ですか、これ。恥ずかしいじゃないですか!」

これはよさこいのためなのか、それとも優勝賞品のハワイ旅行狙いなのか。ともかく常盤沙里もよさこい部顧問として張り切ってます!

笹目ヤヤ「踊るならスカートの下に何か履いた方が良いと思う。」

※確かにパ○チラ全開でした!

ハナ「衣装、用意した方が良いけど高いよね?」

このままだと常盤沙里にスクール水着を着せられてしまいます。そこで生徒会長の常盤真智へ衣装を借りる相談をする西御門多美。

常盤真智「廃部になった部の衣装なら借りて良いわよ。」

※何とか衣装を借りる事が出来ました!
●バンド解散
笹目ヤヤ「何で?バンド解散って、何で?」

コンテスト不合格であったのがきっかけとなりバンドが解散になってしまいます。

ハナ「ヤヤ、よさこい部のワッペン作りましょう!」
笹目ヤヤ「ごめん。今日は一人にしておいて。」


笹目ヤヤの落ち込みようは尋常で無く、それから暫く自宅に閉じこもってしまいます。

笹目ヤヤが落ち込んでいる事は、よさこい部の誰から見ても明らか。しかし、彼女は自分の悩みを他人に相談出来ずに一人悩んでいます。

翌日、笹目ヤヤをつかまえて話をする関谷なるとハナ。

関谷なる「ヤヤちゃん、聞いたよ。バンド解散の話。」
笹目ヤヤ「確かにバンド解散は残念だけど、そんなことじゃない。貴方達の仲良しごっこに巻き込まないで!」

笹目ヤヤの本心、それは関谷なるがハナ達と楽しくしている事が羨ましかった。それが言い出せないために…。

笹目ヤヤ「何やってんだ、私…。」
●言い出せなかっただけ
そして翌日の朝、

関谷なる・ハナ「ヤヤちゃんの馬鹿〜!」

関谷なるとハナは屋上に昇り、笹目ヤヤに呼び掛けます。慌てて屋上へ来た笹目ヤヤ。

関谷なる「ヤヤちゃん、一緒じゃなきゃやだ!」

幼い頃から関谷なるを支えてきた笹目ヤヤ。彼女の存在はよさこい部そのものと呼んでも良いほど大きく、彼女と一緒によさこいをやりたいという思いがだれよりも強い笹目ヤヤ。

それはハナも同じ。だからこそ、それに応える笹目ヤヤ。いえ、むしろ彼女から言い出せなかっただけだったのかも知れません。

「ハナヤマタ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ハナヤマタ」第6話「輝きたい!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ハナヤマタ」第5話「よさこい部始動!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ハナヤマタ」第4話「西御門多美、心の霧を晴らすとき」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ハナヤマタ」第3話「笹目ヤヤ、ハナとの邂逅」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ハナヤマタ」第2話「笹目ヤヤ、よさこいを認める!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ハナヤマタ」TVアニメ公式Webサイト
「ハナヤマタ」AT-X公式Webサイト