●魔王の後継者

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2014 志瑞祐・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/精霊使いの剣舞製作委員会
<キャスト>
カゼハヤ・カミト:古川慎
クレア・ルージュ:木戸衣吹
リンスレット・ローレンフロスト:優木かな
エリス・ファーレンガルト:石上静香
フィアナ・レイ・オルデシア:大西沙織
テルミヌス・エスト:加隈亜衣
レスティア・アッシュドール:日笠陽子
グレイワース・シェルマイス:中原麻衣
フレイヤ・グランドル:かかずゆみ
キャロル・ナスターシャ:田中真奈美
ジオ・インザーギ:松岡禎丞
ラッカ:鈴木絵理
レイシア:橋本ちなみ
エルサ:田頭里奈
ディナーレ:諏訪彩花
シャレイリア:西明日香

●ストーリー
清らかな乙女にのみ許された特権―精霊契約。元素精霊界(アストラル・ゼロ)より精霊を召喚し、その力を自在に使役する姫巫女たちを人々は精霊使いと呼んだ。
男にして唯一その特権を有するカゼハヤ・カミトは、過去の因縁から、精霊使いとして訓練を積む姫巫女たちが集められたアレイシア精霊学院へとやってくる。
そこで告げられたのは学院に編入し、姫巫女たちとチームを組んで、最強の精霊使いを決める《精霊剣舞祭(ブレイドダンス)》に出場し、優勝すること。
優勝すればどんな願いも一つだけ叶えられるという《精霊剣舞祭(ブレイドダンス)》を巡り、それぞれの願いを胸に秘めた姫巫女たちと過去に抗う一人の少年の運命の物語が動き出す。
●ロスト・クイーン
カゼハヤ・カミト「御無礼をお許し下さい、姫殿下!」
フィアナ・レイ・オルデシア「そういうのはいいわ、同じ学院生だし。それに王女といっても私はロスト・クイーン。私は既にいなかった事になされているんだし。」


フィアナ・レイ・オルデシア、彼女はある事件で精霊契約を失ってしまい、今はロスト・クイーンの烙印を押されてしまっています。

グレイワース・シェルマイス「お前には彼女の護衛任務を依頼したい。Sランクの任務だ。精霊剣舞祭に出るためのランクを上げるためには絶好だと思うがの。」
●嫉妬
フィアナの護衛についた事で一層風当たりが強くなったカゼハヤ・カミト。もっとも彼は以前に彼女と出会った事は覚えていないようですが…。

クレア・ルージュ「何で同じ部屋なのよ!」
フィアナ・レイ・オルデシア「狭いし部屋が散らかってるわね。」


確かにエストを含めれば4人。但し、彼はクレアの奴隷精霊ななので形式的には2人です。

フィアナ・レイ・オルデシア「それでは彼女と彼はキスをしたのね…。」

フィアナはクレアに対して嫉妬、そのため勝負を挑みますが、

フィアナ・レイ・オルデシア「料理で勝負よ!」
●料理勝負
クレア・ルージュ「受けてたとうじゃないの、料理勝負!」

もちろん彼女の料理の腕前はといえば、

カゼハヤ・カミト「一応聞くが、何だこの暗黒物質は?」
クレア・ルージュ「ちょっと火を通し過ぎたみたい!」

調理の途中をみても缶詰を片っ端から開けているだけにしかみえませんが…。

エスト「とても苦いです…。」

※スカーレットのみは美味しそうに食べてくれましたが…。

対してフィアナの料理は、

ホワイトシチューなのに真っ赤!

クレアが食べてみたものの、

あまりの辛さに気絶!

※勝負は引き分けでしょうか?
●混浴!?
フィアナ・レイ・オルデシア「カミト君、入るわよ!」

カゼハヤ・カミトの入浴中に入り込むフィアナ。もちろん水着姿ですが…。

クレア・ルージュ「あ、あ、あんた達何してるの!」

今度はクレアまで!ちなみにクレアはバスタオル一枚。

しかしながらフィアナはクレアの精霊刻印を見て表情を変えます。それは何故なのかは…。
●襲撃
エスト「学院に不審者が!」

護衛を撃退して封印指定の機密資料を奪い取ったのはジオ・インザーギ。彼も精霊使いでかなりの実力者。

ジオ・インザーギ「俺は魔王の後継者。この程度では証明出来ないな!」

「精霊使いの剣舞」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「精霊使いの剣舞」第5話「ロスト・クイーン」(ネタばれ注意)
【アニメ】「精霊使いの剣舞」第4話「最強の剣舞姫」ネタばれ注意)
【アニメ】「精霊使いの剣舞」第3話「魔王殺しの聖剣」(ネタばれ注意)
【アニメ】「精霊使いの剣舞」第2話「真夜中の剣舞(ブレイドダンス)」(ネタばれ注意)
【アニメ】「精霊使いの剣舞」第1話「剣と学院と火猫少女」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「精霊使いの剣舞」TVアニメ公式Webサイト
「精霊使いの剣舞」AT-X公式Webサイト