3分エイジングケア : 夏の疲労回復に最適な意外な組み合わせのスムージー

COOKINGスムージーで夏トラブル対策3

夏の疲労回復に最適な意外な組み合わせのスムージー

そろそろ夏も終盤戦。それと同時に、熱帯夜での寝不足や夏バテの食欲不振、猛暑での体力減退など、疲れもピークに差し掛かる時期です。そこで今回は、夏の疲労回復にピッタリな意外な組み合わせのスムージーをご紹介します!

定番以外の組み合わせで、スタミナアップを狙う!

強い日差しや高温、多湿で、自分が思っている以上に疲労が蓄積している今の季節。さらに、夏バテで食欲も減退。スムージーのような食べやすいもので、効率よく栄養補給してあげることが大事です。

特にお疲れなときには、疲労回復効果が高い素材をプラスしてあげましょう。粘膜を丈夫にしてバリア機能を高め、免疫力をアップする小松菜や疲労回復に効果的な亜鉛を含むブロッコリーなどをメイン素材としてまずチョイス。そのあとに、免疫力アップに効果的なトマトや疲労回復をサポートするアリシンがいっぱい含まれる玉ねぎなどを加えてみましょう。ちょっと意外な組み合わせに思うかもしれませんが、フルーツやヨーグルトなどを加えると味わいも爽やかに。ぜひ試してみてください!

パワフル免疫スムージー


■レシピ <1人分>

小松菜 20g、パイナップル 30g、ニンジン 10g、トマト 10g、はちみつ 大さじ1、水 80ml

 

‐松菜は根元を落として5cm幅に切る。パイナップルは皮をむいて一口大、ニンジンは皮をむかずに一口大に。トマトはヘタを取ってから一口大にカットする。

↓,反紊箸呂舛澆弔魏辰┐董▲献紂璽機爾砲けて混ぜる。

 

小松菜やニンジンには、βカロチンが豊富に含まれています。このβカロチンは、粘膜を丈夫にして、バリア機能を高め、免疫力をアップする働きがあります。今の季節、冷房などで鼻や喉などの粘膜、さらに紫外線で肌にダメージが来ているとき。βカロチンの摂取は重要です。さらに、パイナップルやトマトにもビタミンが多く含まれ、ウィルスの抵抗力もアップしてくれます。

自家製・滋養強壮ドリンク


■レシピ <1人分>

アボガド 30g、ブロッコリー 20g、タマネギ 5g、プルーンヨーグルト 50g、豆乳 100ml、はちみつ 大さじ1

 

.▲椒ドは、皮と種を取り除き、一口大にカット。ブロッコリーは小房に分けておく。タマネギは、外皮をむいて一口大に切って軽く茹でておく。

↓,肇茵璽哀襯函豆乳、はちみつをジューサーで混ぜる。

 

タマネギには疲労回復に効果的なアリシンが豊富に含まれています。さらに、アボカドやブロッコリーには、滋養強壮作用がある亜鉛が含まれています。これらに、ヨーグルトや豆乳などのたんぱく質をプラスすることで、パワーアップ! おいしく元気回復ができるレシピです!

 

※レシピ提供「ドクターズ スムージー決定版」浜中聡子著(扶桑社)より

 

上のふたつのメニューは超簡単ですが、忙しくて素材を選んでスムージーを作ることができないという人は、市販の混ぜるだけで作れるようなスムージーもあるので、活用してみましょう。とにかく、疲労回復にはいい栄養を取り込むことが大事なのです!

 

 


この記事の監修
浜中 聡子(はまなか さとこ)

【略歴】
医療法人社団AACクリニック銀座 院長。医学博士。

米国抗加齢医学会(A4M)専門医、国際アンチエイジング医学会(WOSAAM)専門医、米国先端医療学会(ACAM)専門医などの資格を多数取得。心身両面からのケアで「ウェルエイジング」を提唱し臨床現場に立つ。



LET'S TRY 即実践のコツ

疲労回復に役立つスムージーのコツ

  • 01.小松菜やニンジンなどβカロチンが豊富な食材を使う

  • 02.トマトやタマネギなどで免疫や疲労回復に効果的な食材をプラス

  • 03.滋養強壮作用がある亜鉛を含む食材もチョイス!