コミュニケーションの未来を考えるべく設立され、「スマホの次を発明する研究所」を今年度のテーマとして活動しているau未来研究所。2014年8月7日に、2014年度のキックオフイヴェントが、WIREDとのコラボレーションで開催された。水口哲也によるオープニングトークや、「未来生活」をテーマとした仲暁子、濱野智史、玉城絵美ら豪華な面々によるパネルディスカッションが行われた。人間の欲望やコミュニケーションをキーワードにさまざまな「未来」が語られた、本イヴェントの内容をキーワードとともに紹介する。

水口哲也|TETSUYA MIZUGUCHI
ゲームデザイナー。慶應義塾大学大学院(KMD)特任教授。ゲームの代表作として、「Rez(レズ)」「ルミネス」「Child of Eden」など。2006年に全米プロデューサー組合(PGA)が選ぶ「Digital 50」(世界で注目すべきデジタル系イノヴェイター50人)に選出。

「未来は、わたしたちの「Wants」とともにある:au未来研究所2014キックオフミートアップ【レポート】」の写真・リンク付きの記事はこちら
プロダクトデザインのキーワード「Wants」

ゲームデザイナーとして「Rez」「ルミネス」「Child of Eden」などを生み出し、現在は慶應義塾大学大学院(KMD)特任教授を務める水口哲也。

オープニングトークで水口は、「Future Creation = Design Future Wants」をテーマに、未来をつくるヒントとこれからのクリエイターに求められることについてを語った。

「カナダのメディア研究者マーシャル・マクルーハンは、『あらゆるメディアは、人間の感覚と身体機能の延長上に存在する』と言いました。実際、さまざまなプロダクトは、人間の感覚の先に押されてきたものです。例えば、車は人間の足、望遠鏡は人間の目の身体機能の延長上にありますよね。しかし、遠くを見たいという同じ欲望から、”望遠鏡”と”天体望遠鏡”は異なる進化をたどりました。それは海賊を回避するために巷で売れた望遠鏡と、宇宙を見るための天体望遠鏡は異なる『wants』(人間の欲求・本能その先にある夢すべてを含む)にプッシュアウトされたからです」

わたしたちが何気なく触れたり、使ったりしているものを含めて、この世に形があるものは、誰かが誰かのためにつくったものだ。そのストーリーに思いをめぐらすと、その過程には必ず誰かの「思い」が込められている。この世のすべてのプロダクトは、人間の何かしらの「Wants」が外在化したものなのだ。

未来のクリエイターに求めらるものはなにか?

「本は、グーテンベルクの活版印刷発明の20年後、ヴェネチアでポケットブックが登場し爆発的に広がりました。それは、知をパーソナライズする欲求が強かったからです。音楽は、ソニーのウォークマンが、持ち出すことを可能にしました。電話も時代と共に、公衆電話からパーソナライズされていきました。さまざまなプロダクトの進化を見ても、個人的なものにしたいという人間の欲求は非常に強いことがわかります」

アメリカの心理学者、アブラハム・マズローが提唱した欲求のピラミッドでは、下から安全、所属といったNeedsから、上にいくにつれて承認欲求、自己実現といったWantsへ向っているという。

「今後メディアで新しいことをやろうとしている人は、自己実現をどう設計していくかがキーとなるでしょう。例えば、AKB48はメンバー自身の有名になりたいというWants、自分がアイドルを育てていると実感したいファンのWants、運営側の利益をあげたいというWantsが上手く組み合わされています。またFacebookは『いいね!』によって承認欲求が噴出したものだと解釈できます」

人間の『Wants』は、常に先を探している。「デザインとは、『Wants』を実現するハードを設計すること。『Wants』はベクトル(=向きと力)がある。目に見えない力をとらえて、モノをつくっていくこと、そして化学反応を起こすことがこれからのクリエイターに求められていることなのです」

au未来研究所

「スマホの次を考える」をコンセプトに、コミュニケーションの未来を創造する研究所。
 
さまざまな分野で活躍するインフルエンサーが、未来に関する記事をピックアップし、コメントとともに紹介するキュレーションマガジンや、オンラインで行うブレスト会議やハッカソンのようなリアルイヴェントが計画されている。

未来はよりフィジカルなコミュニケーションへ

ウォンテッドリー CEOの仲暁子、情報社会学者の濱野智史、Human-Computer Interaction研究者の玉城絵美による「未来生活:テクノロジーはぼくらの人生をこう変える」をテーマとしたパネルディスカッションでは、未来のコミュニケーションについて語られた。

「未来のコミュニケーションは、感覚共有がより重要になってくると思います」

そう語る玉城は人の体、特に手の感覚を共有させるため、脳の指令信号をキャプチャして、人の体を無理やり動かしたり、人が触ったものを自分も感じることが出来るアプリケーションを開発している。「身体感覚が共有されると、ギャルになりたければ、ギャルの体を借りることも出来るし、おじさんの体を借りたければその体を借りることが出来るようになります。また働く場所が特定である必要なくなるでしょう」

玉城絵美|EMI TAMAKI
Ph.D., HCI(Human-Computer Interaction)研究者。起業家。早稲田大学人間科学学術院助教。H2L.Inc発起人兼主任研究員。電気刺激を腕の筋肉に与えることで,ヒトの手指の動きをコンピュータが制御するシステム「PossessedHand」や,長期間ヒトに取り付けたままでも磁場から電力を経て駆動する「Half-implant device」などを研究開発し,同時に研究装置の販売提供を行っている。2011年米国TIME誌 The 50 Best Inventions受賞。

2012年からAKB48にハマり、CDの購入に80万円以上使っているという濱野もアイドルを通したフィジカルなコミュニケーションの情報量についての実感を語った。「アイドルファンの中には接触厨と呼ばれるが人々がいる。実際に握手会で手を握りながら話しているとコミュニケーションの情報量が圧倒的に多いことがわかる。19-20世紀は視覚の拡張の時代だったが、今後は触覚がコミュニケーションを拡張していく

シゴト充実化サーヴィスWantedly CEOの仲は仕事においても視覚、聴覚以外のコミュニケーションが重要であると語った。「コミュニケーションの質が高い方が、イノヴェイションが生まれる。だからFace to Faceで仕事をする時代に戻っているという感覚がある。リモートでのコミュニケーションでは失われたものを埋める努力が発生する」

玉城も「今後フィジカルコンタクトをリモート化する必要がある」といい、「メール、電話では雰囲気が伝わらなくて困る。足りないものは、五感。視覚、聴覚しか伝えられない今のリモートコミュニケーションでは情報量が少ない」と話した。

仲暁子|AKIKO NAKA
ウォンテッドリー CEO。1984年生まれ。京都大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス証券、フェイスブックジャパンを経て、2010年9月に現ウォンテッドリーを設立。画期的なシゴトSNSサーヴィス「Wantedly」を開発し、12年2月にリリース。


濱野智史|SATOSHI HAMANO
批評家、株式会社日本技芸リサーチャー。1980年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)研究員を経て現職。専門は情報社会論・メディア論。主な著書に『アーキテクチャの生態系』〈NTT出版〉、『前田敦子はキリストを超えた-〈宗教〉としてのAKB48』〈ちくま新書〉。

コミュニケーションのイノヴェイション

濱野は「トークイヴェントでの質疑応答が、良かったことは一度もない。質疑応答をするぐらいだったら、直接握手したほうがお互いにとっていい」と主張し、このイヴェントでも握手会を開催することを提案。またオープニングトークを行った水口とRezの発売日に握手したことも明かした。

「今、『アイドルをつくるアイドル』をコンセプトにしたPIPというアイドルのプロデュースをしている。そこでコミュニケーションのイノヴェションを起こしたい。人間は求められることによって人間でいられる。『Want』されることを『Want』するのをどこまで拡張出来るかに関心がある

au未来研究所の研究員として参加することについても触れ、「au未来研究所では、視覚と聴覚ではみたされないコミュニケーションを拡張したい。視覚、聴覚ではみたされない承認欲求をみたす回路は必ずあるはずだ。今までの西洋哲学では言葉で承認されることが重要だったが、未来はより動物的な触覚で承認されることが重要になる」と述べた。情報技術によるフィジカルコミュニケーションの拡張にも関心があるそうで、武道館でGoogle Glassのようなものを使って光線でアイドルにレスを送りたいそうだ。

パネルディスカッション終了後、質疑応答と共に登壇者との握手会が行われ幕を閉じたau未来研究所のキックオフ。

イヴェント後の懇親会では「枠にとらわれない未来を構想し、それを実現する。驚くようなコミュニケーションの新たな価値を創出しMIT Media Labのような場となって欲しい。」など、あつくau未来研究所の今後に期待する声が聞かれた。

au未来研究所

「スマホの次を考える」をコンセプトに、コミュニケーションの未来を創造する研究所。
 
さまざまな分野で活躍するインフルエンサーが、未来に関する記事をピックアップし、コメントとともに紹介するキュレーションマガジンや、オンラインで行うブレスト会議やハッカソンのようなリアルイヴェントが計画されている。