写真提供:マイナビニュース

写真拡大

相模ゴム工業は9月1日、「サガミオリジナル001(ゼロゼロワン)」を全国で発売する。

同商品は、同社のコンドーム「サガミオリジナル002(24ミクロン※)」をさらに25%薄く加工し、18ミクロン(※)の皮膜を実現した。18ミクロンは0.01ミリで、これはラップフィルムと同じくらいの薄さであるという。

素材は従来のゴムとは異なり、医療分野で人工心臓の部品や人工血管カテーテルなどにも使われているポリウレタンを用いた。ゴムアレルギーでも安心して使うことができる。また、同素材は薄くても強度にも優れているのが特長で、皮膜の強さを表す破裂圧力は、ゴム製コンドームと比べて約3〜5倍。熱伝導性も優れているため、パートナーのぬくもりも感じやすく、自然な使用感を得ることができるとのこと。

同商品は、2013年11月18日〜2014年5月末まで東京都の店舗および一部WEBサイトのみで試験的に販売した。しかし当初の販売計画を大幅に上回り、一時販売中止となるほどの人気だったという。価格は1,200円(5個入り/税別)。

※いずれも同社測定による

(フォルサ)