『老親の家、片づけます!』(アート引越センター・エプロンサービス監修/小学館)

写真拡大

 待ちに待った夏休みとお盆。久々に実家に帰郷した人も多かったのではないか。しかし──。高齢の親を持つ人は実家の様子を見て、ふと、こう思わなかっただろうか。

「なんか、前に帰ってきたときよりやけにモノが増えてないか」「親がいなくなったら、このあふれかえっているモノをどう処理するんだろう?」

 そう。近年、高齢親を持つ人々を悩ませている深刻な問題が「老親の家を埋め尽くす膨大なモノの数々」という、高齢者の"片付けられない"問題だ。賞味期限切れの保存食の山に料理レシピや体操メモ、何年も前の広告の切り抜きなどのきれ紙の数々、なぜか5台もある掃除機などの不要家電、今や再生不能のVHSビデオテープ、何年も出したこともない雛人形や思い出の写真の品の数々......。

 ゆっくり実家でダラダラしようなんて呑気な思いは吹っ飛び、「何やっているの!」「片付けて!」と思わず感情的に怒鳴ってしまう。そんな経験を持つ人も多いらしい。部屋がモノであふれていれば掃除も行き届かなくなり、不潔になる。しかも地震大国の日本では老親の身の危険さえある。子どもたちが心配するのは当然だが、しかし感情的になっても事は解決しない。では、そんな時、どんな解決方法があるのだろう。

『老親の家、片づけます!』(アート引越センター・エプロンサービス監修/小学館)には、過去19年間、親世代の家の片づけサポートをしたプロたちによる様々な片づけテクニックが紹介されているが、中でも最も大切なのは老親を"やる気"にさせる数々の心理的作戦らしい。

 そもそも年老いた親たちは、なぜ家を散らかすのか。その心理を知ることは老親をやる気にさせる第一歩だ。

 まず、老親の家は概して広いという物理的問題がある。
「かつては親子で住んでいた家からお子さんが独立して出ていくと、その分のスペースができます(中略)モノを置くスペースができた分だけ、モノが増えてしまう」(同書より)

 これは子どもがいなくなった寂しさを、モノで埋めるという側面もあるという。

 そして、戦中戦後の世代に多い「もったいない」「何かに使うかも」という意識だ。モノを捨てることに罪悪感を持つのがこの世代の特徴、生きてきた歴史だということも忘れてはいけない。そして、加齢による横着も加わる。

「年齢を重ねるにつれて、足腰は弱くなり、できないことが増え、物忘れが多くなってくるのは自然なこと。それを補うためには、生活に必要なさまざまなモノは、自分の手の届く範囲に置いておきたくなります。なまじ片付けてしまうと探すのにひと苦労。どこにしまったか忘れてしまうということになりかねません」(同書より)

 そのため、片づけるよりは今のままが都合がいい。そんな老親たちの理由もあるのだ。

 では、これらを念頭に、いざ実践! まずは「捨てろ!」という言葉は決していってはいけないNGワード。まずは「片付づけよう」という気持ちをそっと後押しするように、「ちょっと使ってないモノを整理してみましょうか」「たくさんあるので、少し減らしましょうか」と"提案"してみる。片づける必要などない!と思いこんでいる老親に、具体的に最後に使ったのはいつか、次に使う予定はいつかなど丁寧に聞きながら、自分で気づかせ、そして納得して「減らす」よう上手にもって行くのだ。

 そして「まだ使える。もったいない」と思える品は、バザーやリサイクルショップに持って行くのもひとつの手だ。老親は「無駄にはしなかった。誰かの役に立った」と納得できるという。

 そして、特に難しいのが古い嫁入り道具や子どもの写真などの思い出の品。たとえば、夫が亡くなった後、娘夫婦と同居することになった75歳の母が片づけられなかったのは、「娘時代にご両親が作ってくれた着物類や、当時はまだ持っていることがめずらしく、近所の友達にうらやましがられたという雛人形」だったという。さらに、子どもが幼少期にお気に入りだったぬいぐるみ人形、亡くなった友人の写真など、単に捨てるのは忍びないものばかり。

 だが、このケースでは、雛人形は近所の人が事情を話すと喜んで引き受けてくれ、写真やぬいぐるみは供養の意味も込めてキャンディやお花と一緒に紙にくるんで処分したという。手間ひまはかかるが、思いを込め、それを周囲も尊重したことで「片づける」決意ができ、親の心も軽くなるのだ。

 もうひとつ大切なのが、「プライドを傷つけない」ということらしい。実の親子だとつい厳しい口調で叱責してしまう、なんてこともあるが、一歩間違えば、親子関係の崩壊という事態もあり得る。ある深刻だったケースを紹介しよう。

 10年前に結婚し家を出た40歳のある女性には、父と一緒に暮らす70歳の母がいる。しかし母は5年ほどまえからモノをためこみ、必要・不要の判断すら放棄した様子だったという。何度かやんわりと伝えたものの、さらにモノは増えるばかり。そんな時に東日本大震災が起こり、両親の命の危険性を感じ、メールで思いを伝えたという。それは優しい言葉でのものだったというが、母はそうは受け取らなかった。「口の悪い娘に一方的に責められた」と感じたのだ。以来、母とは音信不通に......。

 さらに、娘からの電話に父が「よそに行った人間が、人の家のことをうるさくいうな」と言ったことも、母親にとっては「本当にうれしかった」と思うほど関係がこじれてしまう。──ここまで関係がこじれた場合、親子だけではどうにもならない。こうした場合、第三者のアドバイスが効率的だという。

「『テレビでこう言ってたよ』『本に書いてあったけど、こうすると便利なんだって』と第三者の意見として伝えたり、私たちのような片づけサービスを部分的利用してきっかけにするのも一案です」(同書より)

 まあ、本書は「アート引っ越しセンター監修」なので、その辺は割り引いても(笑)、あまりに酷いケースは業者の手を借りるのも致し方ない。

 感情的、高圧的にならず、プライドを傷つけることなく、ひたすら老親の話に耳を傾け、やる気にさせ、そして最後まで付き合う。まさに子どもにとって老親の"片づけ問題"は忍耐、忍耐、ひたすら忍耐なのかもしれない。
(林グンマ)