リトルリーグ・ワールドシリーズレポート(1)

 リトルリーグ・ワールドシリーズが日本時間の8月15日に開幕した(※)。午前11時から出場16チームによる入場行進、オープニングセレモニーが行なわれ、1985年以来29年ぶりの出場となったアジア・パシフィック代表の韓国(ソウル・リトルリーグ)が、ヨーロッパ・アフリカ代表のチェコ戦を10−3で下し、好スタートを切った。
※米国内8チームと世界各地の代表8チームの計16チームが出場し、毎年8月、米国ペンシルベニア州ウィリアムズポートで開催される。選手の年齢制限は4月30日の時点で9歳〜12歳であれば出場可能。

 今大会で最も注目されているのは米国ミッドアトランティック代表のモーニー・デービス(13歳)投手だろう。最速70マイル(約112キロ)のストレートを軸に、 地方大会決勝では6回3安打無失点の完封で悲願のワールドシリーズ出場を決めた『女の子』として全米で大きな話題になった。

 さて、米国で行なわれる『ワールドシリーズ』と聞いて「大袈裟やなあ」と思う方もいるかもしれないが、今年で68回目を迎えるこの大会は、世界各国・地域で行なわれる予選を勝ち抜いてきた『その国や地域最強のリトルリーグチーム』が参加する、正真正銘の『ワールドシリーズ』である。

 日本勢のワールドチャンピオン、世界一はこれまでに9度あり、そのうちの6度はこの15年間で達成されている。1999年は元阪神の亀山努氏が監督を務めた枚方リトルリーグ、東京北砂リトルリーグは2001年と2012年、武蔵府中リトルリーグは2003年と2013年、そして2010年には江戸川南リトルリーグが頂点に立った。このように極東大会やアジア大会で無敵を誇っていたこともあり、2007年からは『JAPAN』枠が設けられた。

 そして2014年、全日本選手権大会を制したのはすっかり強豪となった東京北砂リトルリーグだ。ワールドシリーズ出場は日本勢として最多の4度目で、今年は日本勢の3連覇と、日本勢10度目の世界一の期待がかかる。2年前はコーチとしてワールドシリーズ制覇を経験し、今年から指揮を執っている日高淳二監督は「一戦必勝ですよ」と、迷いのない、しっかりとした口調で言い切った。

 名ノッカーとしても知られる日高監督が、特に重点を置いたのは内外野の守備練習、投内連係プレイ、外野手からの中継プレイの確認だった。清宮幸太郎(調布シニア)、逢坂倫充(調布シニア)、青山悟(新宿シニア)らを擁した「2年前のような長打力はないが、(投打の)バランスが取れたチーム」(久保洋一総監督)らしく、基本に忠実なプレイの確認作業を繰り返していた。ワールドシリーズ初采配となる日高監督は「(監督としての)緊張感はありますけど、選手たちにはミスを恐れず、思いっきりプレイさせてあげられるようサポートしたい。あとは総力戦です」と意気込みを語った。

 そして迎えた日本代表・東京北砂リトルリーグの初戦。ラテンアメリカ代表ベネズエラと対戦し、1−0で勝利。チームは7月6日の全日本選手権大会決勝戦以来の対外試合となったが、先発した高橋卓央(13歳)は6回1安打無失点14奪三振と圧巻の投球をみせ、試合後は「自分でも、初戦からこんなピッチングができるとは思っていなかったので、とても嬉しい」と笑顔を見せた。

 中学1年にして、最速123キロをマークしたことがあるという本格派右腕の高橋は、立ち上がりから制球が冴え5者連続三振とベネズエラ打線を圧倒。全米にテレビ中継を行なったスポーツ専門局ESPNによると、この日のストレートは71〜74マイル(約114〜119キロ)を計時していたという。高橋は4回、先頭の1番カイセドに、狙われていたストレートを逆方向の右中間に弾き返され二塁打を許すが、結局、許した安打はこの1本だけ。初回と同様、最終回も三者三振に仕留め、73球で完封勝利を収めた。

 打線は毎回安打でチャンスを作ったが、得点に至ったのは3回、金森優(13歳)の右前適時打による1点だけ。走塁ミスでチャンスをつぶした場面もあったが、それでも「ストレートとカーブだけ」という高橋の緩急を使った投球と、鉄壁の内野守備で初戦を突破した。

 ワールドシリーズで初めて指揮を執った日高監督は試合後、「高橋については球速もあったし、コントロールが良かった。いつもは逆球が行ったりして荒れ気味なボールなんですけど、制球力が良くて、一番打ちづらいと言われている外角低めに丁寧に投げられたのが良かったと思う。打線については、ヒットが8本で繋がりはなかったが、ひとりひとりがしっかりバットの芯で捉えてヒットが出ていたというのは、これからにプラスになると思っている」と振り返った。

Japan 1-0 Latin America
JPN 001 000 | 1
LA 000 000 | 0
勝)高橋卓央(1勝)
負)カブレラ(1敗)

【リトルリーグ・ワールドシリーズ】
世界各地にあるリトルリーグチームが地域や国内のリーグ戦やトーナメントを戦い、勝ち残ったわずか16チームがワールドシリーズに出場できる。今年で68回目を迎えるリトルリーグ・ワールドシリーズは毎年8月、リトルリーグ発祥の地、米国ペンシルベニア州ウィリアムズポートで開催される。

【出場チーム】
米国内8ブロックから勝ち上がった8チームと、日本、アジア・太平洋、カナダ、メキシコ、カリビアン、ラテンアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ・アフリカの8つの国際ブロックから勝ち上がった計16チームが出場。今年の日本代表は、2001年(優勝)、2007年(準優勝)、2012年(優勝)にも出場している東京北砂リトルリーグ。

【選手の年齢制限】
4月30日の時点で9歳〜12歳であれば出場可能。つまり、5月以降の生まれであれば13歳(日本なら中学1年生)でも出場ができるということになる。ただし、2018年からは『12月31日』に規定が変わることが決定した。近年では13歳で身長170センチを超える選手も多く、球速75マイル(約120キロ)前後のストレートを投げる投手も少なくない。また、金属バットの反発係数は年々上昇しており、バッテリー間14メートル程のサイズでプレイするには危険ではないかという意見も飛び交っていたことが出場資格年齢変更の理由と考えられる。

【大会レギュレーションと投手の球数制限】
かつてはサッカーW杯のように4チームで予選リーグを戦い、上位2チームが決勝トーナメントに進めるという方式をとっていたが、2011年からは『準決勝までは2試合負けない限りは戦い続けることができる』ダブル・エリミネーション方式に変更となった。どのチームも初戦は日程も相手も決まっているが、2戦目以降は流動的になる。世界一までの最短コースは負け知らずの5戦5勝。初戦や二戦目などで敗れたとしても、7戦6勝で世界一までたどり着くことが可能だが、球数制限や休息日が設けられている投手の起用法ややりくりが大変になってしまう。リトルリーグにおける投手の球数制限、休息日は以下のように定められている。
・ 66球以上投げた場合は、4日間の休息が必要
・ 51〜65球を投げた場合は、3日間の休息が必要
・ 36〜50球を投げた場合は、2日間の休息が必要
・ 21〜35球を投げた場合は、1日の休息が必要

【日本代表・東京北砂リトルリーグベンチ入りメンバー】
1.西川新(にしかわ・あらた)/13歳/右投左打
2.駒場優太(こまば・ゆうた)/11歳/右投左打
3.橋口太郎(はしぐち・たろう)12歳/右投左打
5.冨田健悟(とみた・けんご)/12歳/右投右打
6.上島颯人(うえしま・はやと)/13歳/右投左打
7.平野啓介(ひらの・けいすけ)/12歳/左投左打
8.冨田進悟(とみた・しんご)/12歳/右投左打
9.三ツ井龍馬(みつい・りょうま)/12歳/右投右打
10.金森優(かなもり・すぐる)/13歳/右投右打
12.鎌田正蔵(かまた・しょうぞう)/12歳/左投左打
13.横山弥夢(よこやま・ひろむ)/13歳/右投右打
14.藤松丈一郎(ふじまつ・じょういちろう)/13歳/左投左打
18.高橋卓央(たかはし・たくま)/13歳/右投右打
22.竹内廉(たけうち・れん)/13歳/右投右打

カルロス山崎●文 text by Carlos Yamazaki