クレカの達人が選ぶ高還元率クレカBEST20今年4月に8%になり、2015年10月には10%に引き上げが予定される消費税。この増税に向けて提案したいのが、クレジットカードやポイントカードの見直しだ。自分によりよいカードを持つことで、増税分を少しでも取り返そう!

◎自分に最適なクレカ選びで増税分3%を取り返す

 増税前にお金まわりの見直しをする人は多い。そこでクレジットカード会社では既存サービスを改善したり、魅力的な新規カードを発行するなどして、新規会員の獲得に力を入れている。つまり今はクレカの乗り換え時。増税分を取り返すべく、自分に合う、よりお得なクレカを選択したい。

 と言っても、自分にとってどのクレカが得なのか、見極めるのは難しい。そこで達人3人におすすめのクレカをピックアップしてもらった。また、全国7500人のアンケート調査によって選ばれた「みんなのポイント大賞」では、楽天が3回連続で1位を獲得。このランキングにも注目して、達人の選んだクレカを見ていこう。

●みんなのポイント大賞2013 ランキングBEST10

みんなのポイント大賞2013 ランキングBEST10

※国内主要約160のポイントサービスのブランド力評価。主催エムズコミュニケイト。

◎景気が回復し、高級カードが大きく花開きつつある時期

 アベノミクス効果もあって今、百貨店で腕時計や貴金属などの高額商品が売れています。そういった今の時代にフィットした人に向けて、プレミアムカードが充実。例えば『スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード』は、本来なら年間25泊以上しなければ得られないゴールド会員資格を、年会費3万2550円で利用できます。高い年会費を払っても、特典で十分、元が取れるクレカもあるので、プレミアムカードに注目するのもひとつの方法です。

カード評論家 岩田昭男さん

【クレカの達人】
カード評論家
岩田昭男さん

1952年生まれ。流通、情報通信、金融分野を中心に活動。クレジットカードと消費者金融は20年以上も研究を重ね、生活総合情報サイト「All About」のガイドも務める。近著は『ネットからリアルへ O2O(オー・トゥー・オー)の衝撃』。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

〈岩田さんイチオシ〉
スターウッド プリファード ゲスト
アメリカン・エキスプレス・カード

世界1100軒以上に展開するSPGのカード。客室のアップグレードや無料宿泊特典などがお得です。

■増税分を取り返すクレカ選び

1. 年間の利用額に応じてボーナスポイントが得られるクレカ

2.今や1%の還元率は当たり前。よりお得なクレカを選択

3. 海外によく行くならマイル系のプラチナカードを選ぶのもいい

◎管理が行き届くようにクレカを集約、取りこぼしをなくしてガッチリ獲得

 クレカの枚数が多いと管理が行き届かず、ポイントが分散してしまいがち。厳密に「この店はこのカード」と使い分けていないなら、ポイント還元率のいいクレカに集約するのがおすすめです。ただ1枚だけでオールマイティーに使えるクレカはそうないので、私はメインカードを『Reader's Card』にし、Suicaのオートチャージ用に『ビックカメラSuica』を使用。いずれも前年の利用状況に応じて年会費が無料になり、Suicaのクレカチャージにもポイントが付くなど、ムダがないです。

『Card Wave』編集長 岩崎 純さん

【クレカの達人】
『Card Wave』編集長
岩崎 純さん

1972年生まれ。日本初のカードビジネス総合情報誌として20年以上の歴史を積み重ねてきた『Card Wave』の編集に携わって約12年。クレジットカード、電子マネー、ポイントカードなどの最新情報を配信。7年前に編集長に就任。

Reader's Card

〈岩崎さんイチオシ〉
Reader's Card

Amazon限定デポジットの交換なら1.8%と高還元率。あらゆる買い物に対応できるのが便利。

■増税分を取り返すクレカ選び

1. どんな買い物でも高還元率のクレカをメインカードに

2. 管理が行き届くように2枚くらいに厳選する

3. 電子マネーやキャッシュバックなどの出口があるクレカが有利

◎高還元率クレカでポイント二重取り。その方法で増税分を取り返す

 今やポイント還元率1%以上のクレカは基本。増税分の3%を取り返すなら、電子マネーをうまく利用して、ポイントを二重取りすることが不可欠でしょう。つまり、『KAMPO STYLE CLUB CARD』でnanacoチャージした時に1.75%のクレカのポイントが貯まり、nanacoで買い物した時に1%のnanacoポイントが貯まるということ。この方法で2.75%のポイントが獲得できます。二重取りは利用するクレカを選びますが、仕組みを作ると後は普通に使うだけでポイントが貯められます。

「ポイ探」運営 菊地崇仁さん

【クレカの達人】
「ポイ探」運営
菊地崇仁さん

1975年生まれ。現NTT東日本に入社し、システム開発に携わる。現在はポイントポータルサイトの「ポイ探」の代表取締役として、情報提供やコンサルなどを行なう。「All About」のポイント・マイルのガイドも務める。

KAMPO STYLE CLUB CARD

〈菊地さんイチオシ〉
KAMPO STYLE CLUB CARD

すべての買い物で1.75%のポイントが付く。ポイントが実質、値引きになるのもわかりやすいです。

■増税分を取り返すクレカ選び

1. ポイント還元率重視で最低1%以上のクレカを選ぶ

2. 電子マネーのクレカチャージでポイントが付くかどうか確認

3. できるだけオールマイティーに使える1枚を厳選する

※クレジットカードの年会費は、基本消費税5%で表記しています。