阿部祐二

写真拡大

18日に放送された情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、コミックマーケットを取材した阿部祐二リポーターが、ファンの言葉に感動する一幕があった。

同番組では、15日から3日間開催された世界最大の同人誌即売会・コミックマーケット86を取り上げた。同イベントには期間中55万人が来場したことが発表されており、今年も大きな盛り上がりを見せたようだ。

阿部リポーターは、その取材の最中に一般の男性客に話しかけられることに。直後、阿部リポーターはカメラに向かって「今ね、俺に『大門巌』って語りかけてきて…」「『人違いですよ』って言って、そしたら(彼が)『違いますよ』」と会話を報告した。

阿部リポーターによれば、男性は1992年から約1年にわたり放送された特撮番組「特捜エクシードラフト」(テレビ朝日系)に、悪役「大門巌」として出演していた阿部リポーターを覚えていたそう。

阿部リポーターが「何年前ですか?」と訊ねると、男性は「22年前、1992年」と即答。阿部リポーターは「そこまで出てくるか!」と笑いながらコメントした。

スタジオで、司会の加藤浩次が「阿部さんのファンがいたんですね、大門巌というキャラクターをやられてた?」と尋ねると、阿部リポーターは「そうなんです、あの役名で呼んでくるっていうのは、さすがコミケ!」とコメント。

さらに「『何を言ってるんだこの人、俺、大門巌じゃねえよ』と思っていたら、『特捜の』って言うんで。『あぁ!』と思いだして嬉しくなっちゃった」と語り、困惑が感動に変わったことを明かした。

【関連記事】
声優・原田ひとみが下野紘の動向を報告するファンに苦言「本当にやめて下さい」
中川翔子がTwitterで「猫を保健所に連れて行くなっ」
吉木りさがJK制服コスプレをInstagramで公開 Twitterでは学ラン姿のリクエストに「着てみたい」