写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女性向けWEBサイト「免疫美人Labo」はこのほど、働く女性のストレス対処法に関する意識調査の結果を公表した。

同調査は7月15日、全国20歳〜49歳までの年収400万円以上の女性600名を対象に、インターネットで実施。

○会社のストレスに対して「免疫」がある女性は約6割に

「会社でのストレスに対して免疫(耐性)がある方だと思いますか?」という質問に対し、「ある方だと思う」と回答した女性の数は、全体の61.7%だった。

また、何に対して免疫があるかを尋ねたところ、1位は圧倒的に「上司」で71.9%、次に「業務量」が39.2%だった。同社は「1986年4月に『男女雇用機会均等法』が施行されてから今年で28年。当初は男性社会の中で働きづらい思いをしていた女性たちも、ストレスと上手く付き合っている姿がうかがえる」とコメントしている。

○65.4%が「落ち込んだ時に、気分転換する対処法を持っている」

「落ち込んだ時の対処法の有無」について尋ねたところ、65.4%が「落ち込んだ時に、気分転換する対処法を持っている」と回答した。

その対処法について聞いたところ、1位は「寝る」で62.2%。次いで「飲食で解消」(49.0%)、「買い物をする」(39.0%)という回答になった。「現代の女性は、『寝る』『飲食』などで、日ごろのストレスに対しての免疫力を備えつつ上手に解消していることがわかった」

(エボル)