写真提供:マイナビニュース

写真拡大

システムクレイスは8月18日、Google Apps for Business及びGoogle Apps for Business Unlimited、Education、Governmentと連携するポータルサイト「Any-Co グループウェア」の提供を開始すると発表した。初期導入費は無料、基本利用料が1ユーザー月300円となっている。

「Any-Coグループウェア」は、システムクレイスが企画・開発を手がける、Google Appsと連携するポータルサイト。

Google Appsと親和性の高いGoogle App Engine上で稼働しており、スマートフォン、タブレット、PC端末を選ぶことなく、Google Appsと同様、ブラウザとネットワークがあればどこからでも利用できるSaaSとして提供する。

「Any-Coグループウェア」は、Google Appsのアカウントと連携し、Gmail新着情報とGoogleカレンダーの予定を1画面に表示できる。加えて、掲示板や電話メモの新着情報が同じ画面に表示され、従来のグループウェアと同じように1つの画面でこれらの情報をチェックすることが可能。

掲示板では、組織ごと、ユーザーごとにスレッドを作成して共有でき、必要な情報をポータルに表示できる。また、Googleサイトで一から掲示板を作成する必要はないため、Any-Coグループウェアの導入後、すぐに情報を共有できる。

電話メモでは、他のグループウェア同様、電話メモ内容を定型化し、宛先を指定すると自動的にGmailへメールを送ることができ、未処理、処理済みの区分も備えている。