●自転車

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©glasslip project
<キャスト>
深水透子:深川芹亜
高山やなぎ:早見沙織
永宮幸:種田梨沙
沖倉駆:逢坂良太
井美雪哉:島信長
白崎祐:山下大輝
深水陽菜:東山奈央
深水健:木下浩之
深水真理:高橋理恵子
白崎百:茅野愛衣
白崎又三郎:西村知道
沖倉利尋:高田裕司
沖倉美和子:田中敦子

●ストーリー
ガラス工房を営む一家の娘・深水透子は、友人の家にあるカフェ「カゼミチ」を友人たちとの憩いの場所にしている。
高校3年の夏休み、彼女たちの前に現れた転校生の少年・沖倉 駆は、透子に、自分には未来の声が聴こえると語りかける。
もし、あらかじめ未来を知ることができるのなら、自分は何を望むのだろう?
感じたことのない動揺を覚えながらも、透子は胸の中に、放っておけない感情が生まれていることに気が付く...。
●オープニング
深水透子「今度、海行こう!」
沖倉駆「俺、波の音が少しくすぐったい。」


2人は海に行って何をしようとしているのでしょうか?
●沖倉くん、ねえ。
早朝、森の中で寝ころんでいる沖倉駆。彼が話し掛けているのは彼自身の幻影。それらは彼にとってこれまでは必要な存在ではあったものの…。

同じ日の朝、深水透子を訪ねる高山やなぎ。

高山やなぎ「この間の沖倉に対するビンタ、悪かったね。」
深水透子「あれは沖倉くんが悪かったし。」
高山やなぎ「沖倉くん、ねえ。」


高山やなぎも深水透子と沖倉駆の関係性について理解している様子。逆に言えば、深水透子としても隠してはいない事を意味するわけで。

永宮幸の検査入院、それが一つの区切りとなります。
●5時半の君
深水透子「あっ、燕の巣!」

深水透子と沖倉駆は今まで以上に頻繁に出会うようになります。それは彼等が恋人に近い関係、というより恋人になったというべき。もちろん、未来が見える・聞こえるという関係から発展してきたのですが…。

水泳部の深水陽菜が毎日5時半に見掛ける井美雪哉のランニング、いつのまにか彼は水泳部の女子部員から「5時半の君」と呼ばれるようになります。

※中学生女子にもてもて。

井美雪哉にとっての本命は深水透子だったようですが…。

妹でも可!
●デートの邪魔
そして深水陽菜の競泳水着姿を見てハァハァ言っている井美雪哉。しかしながら、そんな彼を水着のまま追いかける深水陽菜。

深水陽菜「格好悪くならないで下さい!」

それは姉と妹の両方を狙っていた彼にとって正に渡りに船!

永宮幸「私、ダビデ嫌い!」

彼女にとって沖倉駆の存在は彼女の友達の輪を乱す存在。そのため退院祝いの海水浴は沖倉駆と深水透子のデートを妨害するためだったのですが…。

白崎祐「海水浴、中止にしよう!」

永宮幸も自分のしている事が正しいとは思っていませんが…。

「グラスリップ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「グラスリップ」第6話「ファーストキス」(ネタばれ注意)
【アニメ】「グラスリップ」第5話「予想外の告白」(ネタばれ注意)
【アニメ】「グラスリップ」第4話「気まずい」(ネタばれ注意)
【アニメ】「グラスリップ」第3話「伝わらない言葉」(ネタばれ注意)
【アニメ】「グラスリップ」第2話「告白」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「グラスリップ」TVアニメ公式Webサイト
「グラスリップ」AT-X公式Webサイト