●大阪 大暴れ

(画像:「暴れん坊力士!!松太郎」公式Webサイトより)
(C)ちばてつや/テレビ朝日・東映アニメーション

●キャスト
坂口松太郎(荒駒 松太郎):松平健
田中清(駒田中 清):塩屋浩三
南令子(坂口 令子、旧姓:南):水谷優子
西尾留次:島田敏
島田:二又一成
トミ:中友子
ツル子:千葉千恵巳
坂口 竹志:森下由樹子
百合:下地紫野
菊:美馬利恵子
梅夫:千葉千恵巳
雷神親方:青森伸
猪ノ川:稲田徹
竜の川:平井啓二
巌ノ国:檜山修之

●ストーリー
連載終了から16年…ちばてつやの“破天荒すぎる相撲漫画”『のたり松太郎』が、連載終了から16年にしてテレビアニメ化されます!
人並み外れた怪力を持つ、天衣無縫で暴れん坊の大男・坂口松太郎が相撲部屋に入門し、一人前の力士へと成長しながら、「相撲」という人生を築いていく“相撲ヒーローもの”です。
しかも、この作品は通常のヒーローものとはひと味もふた味も違います。
というのも、主人公の松太郎は「頑張る」、「目指す」、「夢見る」といった少年漫画の主人公に付き物の言葉とは無縁の男!
相撲部屋に入った理由は“好きな人のそばにいるため”、相撲を辞めない理由は“友達ができたから”。
誰よりも強いから、敵もいません。しかも、何があろうと、驚くほどすぐに立ち直ります…。
そう、松太郎にとって、一番の敵はその気ままな性格。
そのため、彼は行く先々で何度もトラブルに見舞われてしまうのです。
のたりのたりと、いばらの相撲道を歩んでいく、ありえない主人公――彼を中心にこの春の改編でよみがえる破天荒な相撲アニメ『暴れん坊力士!!松太郎』は、相撲ファンや原作をリアルタイムで読んだ世代のみならず、次世代の若者たちの心にがぶり寄ることでしょう!
●オープニング
坂口松太郎「ほう、これが大阪駅か!」

初めて大阪を訪れた松太郎。とは言え関取との待遇格差には少々不満げ。

今回、そんな松太郎が起こす騒動とは…。

※松太郎が騒動を起こす前提になっていますが、毎回必ず騒動を起こすので…。
●初めての大阪
坂口松太郎「この寺に泊まるのか?」

宿泊先は寺。松太郎はともかく、怖がりの田中にとって寺は鬼門。以前のようにお化けを怖がって錯乱状態にならなければ良いのですが…。

ちなみに西尾のじいさんはお供え物をくすねようとするも、松太郎に咎められます。

※彼が咎めるとは珍しいですね!

その大阪での力士達の楽しみは「くいだおれ」。安くてうまいと評判なのですが、貧乏力士にとってはそんなお金も無し。

竜の川「おい田中。道頓堀でイカ焼きを10人分買ってきてくれ!」

お使いに出掛ける田中ですが、彼は大阪の右も左も分かりません。無事お使いが果たせるのでしょうか?

※なお、1万円札に聖徳太子が描かれています。という事はこの話は1986年以前なのでしょうか?
●田中、はじめてのおつかい(大阪編)
田中清「うー、道頓堀、道頓堀!」

今、道頓堀に向かって全力疾走している僕は何処にでもいるごく普通の力士。しいて違うところを挙げるとすれば、方向音痴ってところかナ?名前は田中清。

そんなわけで迷子になってしまった僕を追い掛けてきたのは坂口松太郎ですが、

田中清「ウホッ、いい松太郎…。」

迷子の寂しさのあまり思わず松太郎に抱き付いた田中。2人はお使いの事もすっかり忘れて、いざ、くいだおれへ!

たこ焼き、お好み焼き、串カツとハシゴをしたものの、

田中、串カツのソースを二度漬けしてしまう!

店主「二度漬けしたら罰金やで!」
坂口松太郎「二度漬けが駄目なら三度漬けじゃ!」


しかも田中がソースを一気飲みとやりたい放題!そして店内で四股を踏んでまわりは滅茶苦茶!

これには店主も降参してしまいます。
●田中、逆ギレ
深夜、帰宅した松太郎と田中。しかし、田中は墓を通ると怯えてしまい、

田中、逆ギレして暴れ出す!

※この件が後の事件の伏線になってしまいます。

「暴れん坊力士!!松太郎」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第16話「食当たり」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第15話「松太郎、故郷に錦を飾る。」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第14話「優勝パレードがしたいんだ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第13話「千秋楽」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第12話「白星を呼ぶ猫」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「暴れん坊力士!!松太郎」TVアニメ公式Webサイト