【懐かしいゲーム特集】「子猫物語」

写真拡大

●子猫物語

(画像:amazon.co.jpより)
©PONYCANYON

「子猫物語」は1986年にポニーキャニオンからファミリーコンピュータディスクシステム用にリリースされたアクションゲームです。

主人公はチャトランという猫でジャンプを駆使して右に移動して各ステージをクリアするというのが基本的なゲーム内容です。

敵を倒すには木の枝に乗って木の実を落とす等の限られた方法のみなので回避テクニックが重要になってきます。

ゲーム自体は牧歌的なのんびりした感じがするのですが、結構シビアな難易度でした。
●ムツゴロウさん
ちなみに本作は映画「子猫物語」のゲーム化作品ですが、映画版の監督は畑正憲さん。おそらく「ムツゴロウさん」と言った方が有名だと思われます。

畑正憲さん、最近では某スマートフォンのゲームCMにも登場していますが「ムツゴロウの動物王国」という特集番組をご存知の方も多いはず。

ところで畑正憲さんは作家が本業ですが、実は趣味の麻雀の実力も相当なもので「十段位戦」というタイトル戦を3回獲得なされています。

麻雀も卓上ゲームの一つと捉えれば、ムツゴロウさんの映画作品「子猫物語」がゲーム化されて然るべき、かな?

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ヴァリアントレギオン」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「スマホでゴルフ!ぐるぐるイーグル」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「タップDASH!」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」
【懐かしいゲーム特集】「謎のマスカレード」

▼外部リンク

ディスクシステム 子猫物語