2014年秋冬コレクション

写真拡大

伊藤忠商事(東京都港区)は、イタリアの婦人服ブランド「forte_forte(フォルテ フォルテ)」の日本市場における独占輸入販売権を取得した。アパレルの内外ブランドを数多く扱う子会社のコロネット(東京都千代田区)を通じ、2015年春夏シーズンから展開を開始するという。

20〜40代の洗練された女性をターゲット

「forte_forte」は、兄パオロ氏と妹ジアーダ氏のフォルテ兄妹によって02年に、イタリア北東部にありヴェネツィアを州都とするヴェネト州で創設された。

パオロ氏は、ニットウェア会社でラグジュアリーブランドとの取引を担当した後、ロン ドンとニューヨークでキャリアを積み、ジアーダ氏は、英ノッティンガム・トレント大学でニットデザインを学んだ後ファッションデザイナーとしてパリやイタリアで活躍した。

イタリア国外で異なる経験をした兄妹は、2に共通の個性である「情熱に満ち溢れた純粋さ・繊細さ」を表現するため、母国にもどり、フォルテの姓を冠したブランド「forte_forte」を立ち上げた。

「forte_forte」は、イタリア製の高級素材を使い、特殊仕上げやハンドメイドを駆使し、トレンドにとらわれず、繊細で女性らしいスタイルのコレクション。全ての商品に、こだわりの刺繍ラベルや小さなチャーム付きタグ、香り付きバッグなどの工夫が世界各国で女性の心をとらえ40か国以上で展開されているという。

日本市場での本格展開にあたり伊藤忠は、20〜40代の洗練された女性をターゲットにブランドの世界観を強く打ち出していきたいとしている。

主要なアイテムの小売販売価格帯は、コートが5万9000円〜9万8000円、ジャケット4万9000円〜7万5000円、スカート2万9000円〜4万9000円、パンツ2万3000円〜4万9000円など。