東芝・WHが東欧で掴んだ巨大案件

ざっくり言うと

  • 1日、東芝の子会社WHがブルガリア国営電力会社から原発設備を受注した
  • 2023年ごろに稼働させる計画で、受注額は約5000億円とみられている
  • ブルガリアでは1970年代から原発が導入され、長年ロシア製を使っていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング