SBSカップ国際ユースサッカーの最終戦が17日に行われ、U−19日本代表はU−19韓国代表と対戦した。

 40分ハーフで行われた同試合は、前半開始早々に動く。日本代表が8分に、FW金子翔太のパスを受けたMF坂井大将がシュートを決め先制に成功する。しかし、26分から途中出場した韓国代表のMFソル・テスが30分に同点ゴールを奪うと、さらに38分にはMFキム・ヒョンウクが逆転弾を決めた。

 前半の内に逆転を許した日本代表は、71分にPKを獲得。それをMF大山啓覇がきっちり決めて同点とすると、そのまま2−2で試合終了となり、PK戦へ突入した。

 PK戦は先攻の日本代表の1番手が失敗。その後の4人は成功させるも、韓国代表は5人全員がきっちり決めて4−5。U−19日本代表がPK戦の末、U−19韓国代表に敗れた。

 同日行われた静岡ユースとU−19コロンビア代表の対戦は、1−0でコロンビア代表が静岡ユースを下し、全勝で優勝を決めた。静岡ユースが1勝で勝ち点3と、PK戦負けの勝ち点1で、合計勝ち点4とし2位。U−19日本代表は、PK戦勝利の勝ち点2とPK戦負けの勝ち点1で、合計勝ち点3として3位で終わった。

【スコア】
U−19日本代表 2−2(PK:4−5)U−19韓国代表

【得点者】
1−0 8分 坂井大将(U−19日本代表)
1−1 30分 ソル・テス(U−19韓国代表)
1−2 38分 キム・ヒョンウク(U−19韓国代表)
2−2 71分 大山啓覇(U−19日本代表)

■SBSカップ国際ユースサッカー結果
1位 U−19コロンビア代表(勝ち点9/得失点3)
2位 静岡ユース(勝ち点4/得失点差0)
3位 U−19日本代表(勝ち点3/得失点差−1)
4位 U−19韓国代表(勝ち点2/得失点差−2)