ホステスプロの原江里菜は最終日に伸ばし6位Tに食い込んだ(撮影:ALBA)

写真拡大

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇17日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6.555ヤード・パー72)>
 長野県にある軽井沢72ゴルフ 北コースにて開催されたの国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」最終日。イ・ボミ(韓国)が大山志保、菊地絵理香との三つ巴のプレーオフを制し、優勝を手にした。

 以下に主な選手のコメントを掲載する。

○山城奈々(トータル11アンダー4位タイ ※ルーキー・オブ・ザ・NEC軽井沢72賞受賞)
「最終日に60台で回れたのは自身になりました。背中の痛みも大丈夫です。(ルーキー・オブ・ザ・NEC軽井沢72賞を受賞して)嬉しいです。何も賞を獲ったことないので、初めて賞をもらえました」。
○アン・ソンジュ(トータル11アンダー4位タイ)
「もったいないゴルフでした。1週間の休みで試合の感覚がぶれてしまっていました。最終日は自分のプレーができるように意識していくつか上手くいったので満足は満足です」。
○原江里菜(トータル10アンダー6位タイ)
「(ホステスプロとして)もっと欲を言えば後ろで回りたかったです。ただ今までホステスの試合で良い状態で入ってくるのが少なかったので、今回は入れてよかったです。良い状態の中でスコアを出せなかったのは改善点ですが」。
○金田久美子(トータル4アンダー38位タイ)
「ひどいですね。全然、緊張していなくて、体調も良く、良い感じでこれたので全てが良いコンディションだったけど、4番で短いのを外してから入らなくなって…」。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】女子ツアーは前半戦が終了!後半戦に活躍しそうな選手は誰だ?
毎週更新!人気プロの厳選フォトを一挙公開