<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇17日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6.555ヤード・パー72)>
 長野県にある軽井沢72ゴルフ 北コースを舞台に開催された国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」最終日。12位タイからスタートした菊地絵理香は6バーディ・ノーボギーの“66”で回るも、プレーオフでイ・ボミ(韓国)に破れ2位タイで3日間を終えた。

 この日、首位と5打差でスタートした菊地は幸先良く2番でバーディを先行。5番ではティショットを曲げ林の中に入るが、そこからピンそばにつけるナイスショット。ここでもバーディを奪いさらにスコアを伸ばした。その後8番、9番でもバーディを奪いフロントナインで4つ伸ばし折り返した。後半でも2つバーディを奪い、ボミ、大山志保と首位に並び、プレーオフに持ち込んだ。
 「あまり18番のティショットにいいイメージが無い」という菊地。プレーオフのその18番ティショットは大きく右に曲げるも、木に当たりラフへ出てくるラッキー。しかし、そのラッキーを活かせずセカンドショットはグリーンに乗らず手前のラフへ。「バーディ獲ったもの勝ちなのでアプローチを放り込むしかないな」と58度のウェッジで直接狙うもチップインはならず。このホールでバーディを奪ったボミに優勝を奪われ、初優勝がまたも幻となった。
 優勝争いをしていた菊地だが、「今まで見てよかったことが無いので」とボードは上がるまで一切見ていなかったという。優勝争いしていることも「カメラマンさんや中継さんが来たので2位とか3位なのかな」という漠然とした気持ちでプレーしていた。最終18番のパーパットを入れた後にボードを見て「首位タイなんだ」と気付いたという。「ボードを見ていたらボギーを叩いていたかもしれない」とボードを見なかったことで平常心を貫けたことが奏功したかたちとなった。
 昨年の「日本女子オープン」に続き、またしてもあと1歩のところで初優勝を逃した菊地「優勝はちょっと難しいですね(笑)」。それでも今週はショットの調子が良くない中で「ボギーを打たない」マネージメントでプレーオフまで進んだ。「もうちょっと全体的に底上げしたい。特にアイアンの精度を上げたい」と具体的な成長プランを描く菊地。悲願のツアー初優勝へ課題をもらい、会場を後にした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】女子ツアーは前半戦が終了!後半戦に活躍しそうな選手は誰だ?
毎週更新!人気プロの厳選フォトを一挙公開