大根でニキビ撃退、ゴマは傷んだ髪に! ″美容と健康に効く″意外な食べ物まとめ

写真拡大

ひとり暮らしをしていると、日用品にお金がかさみますよね。たとえば化粧水、シャンプー、ティッシュペーパーといった毎日使うモノは、気が付くとすぐに中身が空っぽになってしまいます。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

いくら消耗品とはいえ、毎月決まった額のお金が消えていくのはかなりの痛手。人によっては「なんとか他のもので代用できないかな……?」と考える男女も少なくないかもしれません。

実際のところ、これら消耗品を身近なモノで代用することはできないのでしょうか?今回は、そんな少しでも支出を節約したいと思っている男女に向けて、日用品が切れたときに役立つ美容or健康アイテムについてご紹介します。

■スイカが化粧水代わりに!? ニキビや肌荒れに悩んでいるときは

肌を気にかける男女は多いもの。よく「米のとぎ汁には美肌効果がある」と言いますが、このように意外と身近モノが美容に役立つアイテムになるのです。

たとえば「大根のしぼり汁」は、ニキビ予防になるって知っていましたか?というのも、大根の成分には脂肪分を分解する作用があるため、大きく膿んでしまったニキビを撃退してくれるのだそう。

同じく美肌効果があるのが、「ほうれん草のゆで汁」です。顔の油脂を乳化してくれる作用があり、これで顔を洗うと肌荒れを抑えてくれるのです。ほうれん草をアク抜きする際にでも、試してみると良さそうですね。

ほかにも夏の風物詩、「スイカの皮」も立派な化粧水代わりになります。これはスイカの皮にミネラルが豊富に含まれているため。お風呂に入るとき、この皮で全身マッサージしてあげると、疲れも取れて一石二鳥ですよ。

■「髪の毛」「歯」「爪」をキレイにする食べ物って知ってる?

キレイを保ちたいのは肌だけではありません。お風呂に入れば、必ず洗う髪の毛。ご飯を食べれば、三度磨く歯。女性であれば爪……と、これらは肌と同様、毎日の手入れが欠かせませんよね。

たとえば傷んだ髪には、ミネラルとビタミンなど髪にいい成分が含まれている「ゴマ」がよく効きますよ。まず擦ったゴマをガーゼに包み、水を少し含ませたらそれで髪の毛を拭いてみて。

一説によると海藻よりも効果があるのだとか。髪を染めることが多い男女は、一度試してみる価値がありそうですね。同じくビックリしてしまうのが、「レモンの皮」が歯と爪をキレイにしてくれること。

「レモンの皮をどうやって使うの?」というと、歯磨きの後におろしたレモンの皮を歯に擦りつけるだけ。たったこれだけで歯が白くなるんです。爪への使い方もまったく一緒。軽く擦るだけで、黄ばんだ爪でもたちまちつるつるになりますよ。

■風邪薬が切れても野菜があればひと安心?

次は健康に役立つアイテムを覗いてみましょう。季節は夏真っ盛りですが、「外は猛暑で中はクーラー」という温度差で体調を崩してしまう人も多いはず。そんなときに限って、風邪薬が切れていることはありませんか?

夏になると、スーパーに並び出す「ゴーヤ」。急な発熱が出たときは、このゴーヤが解熱剤代わりになります。作り方は綿を取った残りのゴーヤをレンジで10分温めるだけ。それをミキサーにかけて飲みます。

風邪薬ほどの即効性はありませんが、体が幾分か楽になりますよ。夏の食べ物といえば「キュウリ」も有名ですよね。キュウリにも解熱作用があるので、キュウリの皮を天日で3日ほど干して、水分が抜け切ったら煎じて飲んでみて。風邪の症状を緩和してくれます。

ひどい咳や痰には「クレソン」もオススメです。専ら料理の付け合せに使われるので、馴染みが薄い人もいるかもしれません。でも、クレソンには抗酸化作用があり、のどの炎症を抑えて咳や痰を鎮めてくれるんですよ。

■煩わしいアレを無いものにしてくれるアイテムって?

夏に煩わしいものといえば、なんといっても蚊。同じ場所にいても刺されやすい人と、刺されにくい人がいて不思議ですよね。実はこれ、「ドクダミ茶」を飲んでいると蚊にさされにくい体質になるのだそう。

なんでも体質がアルカリ性に変わってくるのが理由とのことですが、「蚊取りノーマットの匂いがどうしても嫌!」という人は、試しに1日1回飲む習慣を作ってみては?

同じく夏に関連して、夏野菜「ナス」にも驚くべき効果があります。なんとナスのヘタが歯痛に効くというのです。まずナスのヘタをオーブンで炭になるまで焼いたら、すり潰して粉末状にします。

それを痛む歯や歯茎につけることで痛みが和らぐのだとか。とはいえ一時凌ぎなので、歯が痛むときは素直に歯医者さんに行きましょうね。

■節約上手の一歩は、生活の知恵を学ぶことから

いかがでしたか。いずれも初めて見聞きするものばかりだったのでは?

「ちょっと貧乏くさい」と感じる方法もすべては生きるための知恵です。節約上手を目指す男女はもちろん気になったものがある人は、いざというときに役立つものばかりなのでぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

【参考文献】
『一生使えるおばあちゃんの知恵 アイデア200選』おばあちゃんの生活の知恵研究会(成美堂出版)