クラフトビール市場が拡大している。クラフト(=手作り)ビールとは小規模なビール醸造所で造られるビールのこと。国内外のクラフトビールを提供するビアパブが都市部を中心に増加し、「クラフト・ロック・フェスティバル2014」(東京・晴海/今月16日)などクラフトビールを楽しむイベントも全国で相次いで開催されている。ビール離れが進む中、なぜクラフトビールが存在感を増しつつあるのか。

 日本における小規模生産ビールの歴史は1994年にまでさかのぼる。この年に酒税法が改正され、最低製造数量が2000キロリットルから60キロリットルにまで緩和された。これを契機に、全国にビール製造会社が続々と誕生。「地ビール」ブームが起きたのである。しかしこのブームは地域の町おこしと結びついたために、主目的が町おこし、品質は二の次になることもあった。また、醸造技術が未熟で高い品質を維持できない、価格が高いなどの理由もあいまって、次第に下火になっていったのである。

 だが、日本のビール職人たちの情熱の火が消えたわけではなかった。ブームによって淘汰された後も、熱心な職人たちは醸造技術の研究と品質向上に努め、じわりじわりと売り上げを伸ばしていったのである。こうしたビールは、地域の町おこしを担っていた地ビールに対して、品質を重視する職人の手によって丹精込めて造られる点に着目し、クラフトビールと呼ばれるようになっていった。

 ブームにはいつも、ターニングポイントがある。クラフトビールにとってのそれは「クラフトビアマーケット」の登場だったと、『フードスタジアム』編集長の佐藤こうぞう氏は語る。「クラフトビアマーケット」とは、30種類の国産を中心とした樽生クラフトビールを480円均一で提供し、本格料理も楽しめるビアバーだ。東京・虎の門ほか4店舗を展開する。

「それ以前にもクラフトビールファンはいたのですが、マニアの色合いが強かったんです。一つには価格が高かったから。もう一つには、一時のベルギービールブームのように、海外のビールが中心だったからです。それが『クラフトビアマーケット』の登場によって、クラフトビールってこんなに安く、気軽に飲めるものなんだと、そして日本にもこんなに美味しいクラフトビールがあるんだと、多くの人が気づいたんですね。高い、マニアックという印象が一新されて、クラフトビールの概念が変わりました」(佐藤氏)

 いまやクラフトビールは、これまで大手メーカーのビールをあまり飲まなかった若者や女性にも人気だという。佐藤氏はクラフトビールの人気について「『とりあえずビール』として飲まれてきた大手メーカーのビールが“のどごし”を楽しむのに対して、クラフトビールは“味の違いを楽しむ”もの。これまでのビールにはない味わい方が受けているのだと考えられます。ワインや日本酒の楽しみに方に近いですね。自分はどこのビールが好きだとか、作り手のこだわりがどうだとか、クラフトビールには薀蓄を語り合うネタも豊富にあります」と分析する。

 東京商工リサーチによると、全国の主要地ビールメーカーの2013年1月から8月までの出荷量は前年同期14.6%の増加で、地ビールメーカーの8割超が「ブームを感じる」と回答している(2013年9月調査)。こうした市場の高まりを受けて先月、キリンはクラフトビール事業への本格参入を発表。大きな話題を呼んだ。

 とはいえ日本では、クラフトビールのシェアはいまだビール消費量全体の1%にも満たないといわれている。だが佐藤氏は、今後には大いに期待が持てると太鼓判を押す。

「職人の仕事が再評価されているのはクラフトビールに限ったことではなく、たとえば日本酒でも、コーヒーでも、製造業などにも起きている大きな流れです。顔の見える職人が作った一杯を味わいたいという人は確実に増えていくと考えられます。

 さらに、クラフトビールブームは世界の潮流でもあるんですね。アメリカの西海岸や、ワインの本場であるフランスでも、クラフトビール熱は高まっています。将来的には国産クラフトビールの輸出にも期待が持てるのではないでしょうか」

 日本のブルワリー(醸造所)は今や200以上といわれる。残暑のおともに、酒飲みは自分好みのビールを見つけるのもいいかもしれない。