ザッケローニ元日本代表監督 (撮影/岸本勉・PICSPORT)

写真拡大

16日放送、テレビ東京「FOOT×BRAIN」では、「チームビルディングを知ろう!強い組織の作り方」と題し、チームビルディング指導のスペシャリスト・福富信也氏がゲストで出演。先のW杯出場時の日本代表について2つの反省点を挙げた。

「チームビルディングの観点からみたW杯日本代表」として福富氏が挙げたのは「監督と選手の権限の線引き」、「中心選手への依存」というもの。前者について「どこまでが選手の裁量で、どこからが監督が決めることでとかっていうのがどうなっていたのか」と切り出すと、「一つは僕もメディアを通して聞こえてきたのは、優勝を公言する選手達と現実的な目標を掲げているなと感じる選手達がいて、それに対して監督はどんなコントロールをしたのか」と疑問を呈した。

また、後者に対しては「本田選手への依存が大きかったと思います。選手達からも“圭佑のチームだから”っていうコメントも出てきてましたし、そうなってくると技術、戦術的なところを依存しているだけでなく意思決定とか全てのことが彼に依存していて、これがうまくいかないチームになれば全ての原動力を失う。混乱に陥るっていうところはどんな監督でもきっと考えるところ。中心選手の依存は大きかった」と振り返った福富氏。「優勝したドイツなんかは“活躍した選手誰?”って言われれば一杯挙がってくると思うんですよね。“俺達は一つの手しかない”っていうチームを作ってはいけない」と具体的に指摘した。