写真提供:マイナビニュース

写真拡大

世界最大規模の同人誌即売会イベント「コミックマーケット」(通称:コミケ)が8月15日より、3日間の会期で東京ビッグサイトにて開幕した。

コミケといえば、数千人規模のコスプレイヤーたちも名物のひとつ。東ホール一階の庭園や、ホール外のトラックヤードなどがコスプレエリアとして開放されており、さまざまな作品の衣装を身にまとった華やかなコスプレイヤーたちと、それより遥かに多くのアマチュアカメラマンたちでごった返していた。

初日は快晴にも恵まれ、コスプレ撮影にはやや日差しが強すぎるほど。気温自体はそれほど上がらなかったこともあり、まずは撮影日和といってもいい天候。コスプレイヤー側も猛暑に備えてか、水着をアレンジした衣装や、『ラブライブ!』のチア衣装など夏向けのコスチュームも目立った。作品としてはTVアニメ化が決まった『艦隊これくしょん-艦これ-』がやはり人気だが、古くは『うる星やつら』から『ラブライブ!』のような旬のコンテンツまで、ジャンルの幅が非常に広いのもコミケならではと言えそうだ。

それでは、夏コミ初日に会場で見かけたコスプレイヤーたちを紹介していこう。

(トランジスタ)