バッドボーイズ3の計画進行、マーティン・ローレンスがTV番組で明かす。

写真拡大

マーティン・ローレンスが、「バッドボーイズ3」の製作計画が進行中であることを明かした。

ウィル・スミスと共にこの大人気映画シリーズ「バッドボーイズ」の2作品に出演しているマーティンは、米トーク番組のインタビューで同作に触れている。

「バッドボーイズ3」が発表されう可能性をたずねられたマーティンは「そうだと思うよ。うん」「ちょうど(プロデューサーの)ジェリー・ブラッカイマーと話したところで、彼はその話は本当で、いま脚本を書いている段階。いい感じに仕上がってきているって言っていたよ」と語った。

今回、続編製作の可能性が濃厚になってきたものの、4月にはブラッカイマーが、製作に向けての最も大きな障害は“ウィル・スミスが出演できるかどうか”だと話していた。

「笑っちゃうよね。だって俺たちはこの映画を製作することで、ソニー・ピクチャーズを期待させていたのに、ウィルはほかの2つの映画作品で忙しかったんだ。そしてウィルが作品の製作のために再出演を決めて喜ぶときには、ソニーはきっと『いや、いまは第3弾を製作するときではない』って言うんだよ」
「いま俺たちは第3弾を製作することにワクワクしているけど、またウィルはほかの仕事で忙しいんだよ。この作品を製作するために出演者たちみんなを集めることに努力するしかないね。でもとりあえず我々は脚本作りに取り掛かっているよ。この作品を作り上げるために俺たちは忠誠心と希望を掲げているんだ」