U−19日本代表のSBS杯第2戦はPK戦の末、静岡ユースに辛くも勝利

写真拡大

 SBSカップ国際ユースサッカーの第2戦が15日に行われ、U−19日本代表は静岡ユースと対戦した。

 40ハーフで行われた試合は前半から動いた。日本代表は24分に、川辺駿からのパスを受けた越智大和がドリブルからのシュートを決めて先制点を挙げる。前半は静岡ユースをシュート2本に抑え、1−0で終えた。

 後半に入ると、静岡ユースは、61分に途中出場した望月大が64分に自分で持ち込みシュート。これが決まり同点となる。試合はその後、両チーム共にゴールを挙げることができず1−1で終了しPK戦へ突入。

 静岡ユースが2番手と4番手が失敗したのに対し、日本代表は3番手以外の全員が成功させ4−2でPK戦を制し、勝利となった。

 U−19日本代表は、PK戦での勝利で勝ち点2を獲得するも、U−19コロンビア代表がU−19韓国代表に2−1で勝利し2連勝で勝ち点6となったため、優勝の可能性が消滅した。

 U−19日本代表は17日に最終戦で、U−19韓国代表と対戦する。

【スコア】
U−19日本代表 1−1(PK:4−2) 静岡ユース 

【得点者】
1−0 24分 越智大和(U−19日本代表)
0−1 64分 望月大(静岡ユース)