<ウィンダム選手権 2日目◇15日◇セッジフィールドカントリークラブ(7,130ヤード・パー70)>
 米国男子ツアーのレギュラーシリーズ最終戦「ウィンダム選手権」の2日目。初日イーブンパー73位タイと大きく出遅れた石川遼だったが、この日は9バーディ・1ボギーの“62”と大爆発。この日のベストスコア“62”をマークし、トータル8アンダーで首位と2打差の7位タイに急浮上した。
 石川は出だしこそボギーとしたが、前半で2つスコアを伸ばして折り返す。平均312ヤードのドライビングディスタンスに加え、この日はパットも決まり、後半は6つのバーディを量産。予選落ちのピンチから一気に優勝が狙える位置で決勝ラウンドを迎えることとなった。
 松山英樹はこの日はイーブンパーのプレーでスコアを伸ばせずトータル1アンダー79位タイ、カットラインに1打及ばず予選落ちとなった。初日、好位置につけた今田竜二もこの日は“78”と崩れトータル8オーバー133位で決勝には進めなかった。
 首位はトータル10アンダーまで伸ばしたヒース・スローカム(米国)とスコット・ラングレー(米国)の2選手。1打差の3位タイにはニック・ワトニー(米国)ら4選手がつけた。
【2日目の順位】
1位T:ヒース・スローカム(-10)
1位T:スコット・ラングレー(-10)
3位T:ブライアン・スチュワード(-9)
3位T:ニック・ワトニー(-9)
3位T:マーティン・レアード(-9)
3位T:アンドリュー・サボボダ(-9)
7位T:カミロ・ビジェガス(-8)
7位T:石川遼(-8)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
「ウィンダム選手権」のリーダーボード
【初日】
マキロイのメジャー2連勝を支えた“最高のコンビネーション”
【関連リンク】
「美ゴ女」にはシャフトメーカーの美人広報が登場!
最新のギア情報&試打レポートをチェック!