ネットエージェントでは特典なし(ワシントンホテルプラザ)

写真拡大

 夏休み期間中、混雑するホテルの空き部屋探しに苦労した人も多いだろう。最近では割安の宿泊予約サイトを利用する人が急増しているが、実はお目当てのホテルの“公式サイト”で直接予約したほうがお得なケースがあるのをご存じだろうか。

『365日365ホテル(上)』(マガジンハウス)などの著書があるホテル評論家の瀧澤信秋氏が、最新のホテル予約事情をレポートする。

 * * *
 ホテルの予約ではネットエージェントを利用するのが今や一般的である。ネットエージェントとは、楽天トラベルやじゃらんなどに代表される「宿泊予約サイト」である。

 ホテルの正規料金よりも相当割り引かれた料金設定で、多彩な宿泊プランが提供されている。ホテルの予約サイトを利用すれば、電話などで直接ホテルへ予約し正規料金で利用することをバカらしく感じるだろう。

 10年ほど前から一般に周知されてきた宿泊予約サイトであるが、インターネットの普及により各サイトは提携ホテル数や会員へのサービスを拡充している。

 実勢料金の安さやホテル間の比較ができること、またオンラインレビュー(口コミ)でホテルの実態が分かることなどから利用者の人気を博し、特にここ数年様々な業者が参入し会員獲得にしのぎを削っている。

 宿泊予約サイトの運営会社は、ホテルから卸してもらった商品を売る「旅行会社」である。ホテル本体では宣伝力や営業力も限られるので、そうした手間や経費も勘案し予約サイトへ安く卸され、我々が目にする格安の割引料金となってあらわれる。

 だが、予約サイトに頼らざるを得ないホテルとしては、ホテル間での価格競争の中ギリギリまで安く卸したうえに、支払う手数料の値上げが経営を圧迫している例もある。

 このようなことから最近では公式サイト上で、ネットエージェントを経由しない公式サイトからの予約に限り「最安値宣言」「ベストレート保証」を謳うベストレートギャランティーといった取り組みがなされ、最安値を大きく打ち出すホテルが急増している。

 ホテルは予約サイトへ宿泊料金の約10パーセントの成約手数料を支払う仕組みとなっている。例えば、宿泊予約サイト経由5000円の宿泊プランで送客を受ければ手数料の500円を予約サイトへ支払うことになる。

 そこで、ホテル公式サイトで宿泊予約サイトと同等の客室を4700円で提供すれば、ホテルは500円の手数料を支払うところ300円の負担で済むことになり利用者は300円安く利用できるというわけだ。

(予約サイトによって成約手数料は異なり規約やポイント利用その他複雑なシステムがあることを付言する)

 一例を挙げると、ビジネスホテルチェーン最大手の「東横イン」は2014年4月1日〜2015年3月31日までの期間、公式HP予約なら300円OFFという「公式HP割」キャンペーンを行っている。

 このキャンペーンでは、東横INNクラブカード会員の会員特典も併用可能となっており、会員特典の5パーセント割引などと合わせればさらにお得感が増す。

 また、簡易に入会できる会員制度を設け、宿泊実績によって無料宿泊券を贈呈したり、金券がプレゼントされたり、公式サイトからの予約でチェックアウトタイムを延長したりなどの優待や還元を行うホテルも急増している。

 その他の例として、ワシントンホテルプラザチェーンではカード会員を対象として、ネットエージェント経由の予約に際しポイント付与を廃止するなど、各ホテルチェーン、ネットエージェントを排した「公式サイト逆襲」ともいえる様相を呈している。