写真提供:マイナビニュース

写真拡大

人気アニメ『機動警察パトレイバー』の実写プロジェクト『THE NEXT GENERATION ‐パトレイバー‐』が、福島県で開催される「第3回 福島シネマフェスティバル」に参加し、実物大イングラムが東北に初上陸することが明らかになった。

3月の東京・豊洲ベイエリアで行われた第1章公開直前イベントを皮切りに、東京ビッグサイト「AnimeJapan 2014」での一般公開、吉祥寺駅前が騒然とした南北通路開通記念イベント、QVCマリンフィールド、大阪南港の商業施設ATCなど、さまざまな場所で公開されてきた実物大「98式イングラム」。その後は、「出張イングラム」と銘打って全国各地への展開が予定されている。

今回は、8月30日に福島飯坂温泉・パルセいいざかで開催される映画祭「第3回 福島シネマフェスティバル」に登場。当日は福島市のコンベンションホールである「パルセいいざか」にてイングラムのデッキアップが3回実地される(13:00スタート、雨天決行)。さらに、同映画祭では1989年に公開されたアニメーション映画『劇場版パトレイバー the Movie』(18:30上映開始)と1993年に公開された『劇場版パトレイバー2 the Movie』(20:30上映開始)が駐車場に設置された大スクリーンで上映。そのほかにも『アナと雪の女王』(13:30上映開始)や『サマーウォーズ』(16:00上映開始)と計4作品の上映が予定されている。入場料は無料。

『THE NEXT GENERATION パトレイバー』は、これまでTVアニメ、OVA、コミック、小説、劇場版など幅広い展開を続けてきた『機動警察パトレイバー』シリーズ初の実写作品。初期OVAや劇場版1・2を手がけた押井総監督が新たな世代の"特車二課"の物語を全7章と長編劇場版を完全新作で制作している。8月30日からは、エピソード6「大怪獣現わる 後編」とエピソード7「タイムドカン」の2話で構成された『第4章』が公開される。

(C)2014 HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会