■前回までのあらすじ
壊れたテレビの買い換えの為、ヤフオクで検索をしていたFURU。

なんと、某社の65インチ3Dテレビが『展示品 1年保証有りで24万で即決』の出品が有りました。

キャプチャ

プラス数万円で5年の延長保証(物損有り)も付く様です。…買おうか…どうしようか…。

sャ

…ポチりました。

支払い方法は先払い銀行振り込みのみ。

振り込み後、ヤフオクの自己紹介ページに書かれてあった、ホームページに記載のある電話番号に問い合わせの電話を掛けてみると…。

電話に出ません。

…もしかして、やられた???

●評価を「非常に悪い」にした途端に先方から連絡が

取引ナビからも反応無し。

これは本格的にやられてしまったかも…。

これ以上、皆に被害が及ばない様に、「評価」を「非常に悪い」と付けた途端に、先方の担当者・山田さん(仮名)から電話が掛かってきました。

山田(以降 山)「『評価を非常に悪い』にするなんて、酷いヨ、弁護士通して訴えルヨ!」…妙な外国訛りの山田さん。

FURU(以降 F)「電話しても、取引ナビで連絡しても、連絡付かなかったじゃないですか。仕方なく、最後の手段で、評価を付けたんですよ。」

山「昼間は仕事が忙しくて電話は出られないヨ。もう弁護士に訴えル!」

昼間電話に出られないなら、何時出るんでしょう。さんざん無視されて、いざ評価を悪く付けた途端に連絡が来るなんて…謎です。

F「商品が無事に届けば評価を書き換えますよ。それでいいでしょう?」

山「先に評価を『非常に良い』に変えなさいヨ!そうしないと商品発送しないヨ!」

商品が届かないと困るので、泣く泣く評価を『非常に良い』に書き換えました。

その数日後、商品は無事到着しました。商品の出荷先は、なんと某有名店から直送でした。謎です。

物自体はちゃんとしたメーカー品ですので、今でも普通に動いており、特に問題はありませんでした。

これ以上書くと簀巻きにされそうなのでTV購入のお話はここまで。・・・おや、誰か来たようだ?

(この話はフィクションです。←これで大丈夫?)

●器は揃った・・・後は素材だ・・・

3DTVという器は揃いました。

後は、そのTVで再生する為の素材を撮る道具、「3Dビデオカメラ」が必要です。

…まずはですね、

この当時の時点で。3Dビデオカメラは以下の3機種が入手可能でした。

・SONY HDR-TD20V(当時ヤフオク落札価格 約6万円程度)

20120111134622_274_

・SONY HDR-TD10(当時ヤフオク落札価格 約5万円程度)

20110113181832_196_

・JVC Everio GS-TD1(当時ヤフオク落札価格 約4万円程度)

images (1)

…一番安かったEverio GS-TD1を落札しました。

入手して実感した事としては…「デカい。重い。」

しばらく使ってみましたが、重さに耐えられず、GS-TD1を2万で出品して、次に安かった、HDR-TD10を落札しました。

入手して実感した事としては…「GS-TD1よりは全長が短いけど、幅が広すぎて持ちにくい。重い。」

しばらく使ってみましたが、重さに耐えられず、HDR-TD10を3万で出品して、HDR-TD20Vを落札しました。

入手して実感した事としては…「まあ、この重さと大きさならなんとか許容範囲かな。」

…最初からHDR-TD20Vにしておけば良かった!!

g

「相変わらず思慮が足りない人ねっ!」

…ご尤も。

…続く。

※HDR-TD10・HDR-TD20V の記事の執筆に当たっては、ソニー株式会社 様から執筆の承諾を頂いております。

 

 

 

※この記事はガジェ通ウェブライターの「FURU」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?