エアコンを1日つけっぱなしにしたらいくらかかる?「6畳用エアコン:約310.9円」

写真拡大

暑いとエアコンに頼りがちです。筆者などエアコンをつけっぱなしにしてグーグー昼寝をしてしまいますが、気になるのは電気代ですね。エアコンを1日24時間つけっぱなしにしたら、いったいいくらかかるのでしょうか。

調べてみました。

■電気料金の計算方法

電気料金を計算するには、一般的には以下の式に当てはめれば良いそうです。

●消費電力(W = ワット) × 使用時間(時間) × 1時間当たりの電気代 = 電気代

消費電力は使っているエアコンの機種によって、1時間当たりの電気代は電気をどの電力会社から購入しているかによって、異なります。

■あなたのエアコンの消費電力は?

例えば、一例ですが何畳用かで以下のように消費電力が変わります。

・6畳用エアコン:消費電力 約500W/冷房能力 2.2kW
・8畳用エアコン:消費電力 約580W/冷房能力 2.5kW
・12畳用エアコン:消費電力 約1.3kW/冷房能力 3.6kW

●……1kW(キロワット)は1,000Wです。また上記の数字はあくまでも一例で、消費電力などはエアコンの機種によって異なります。

実は、この消費電力がくせ者で、外気の温度や室内温度、またカーテンは引かれているのかといった環境によって大きく変化します。話を単純にするために、それらの変動は考えずに、消費電力をそのまま当てはめます。

●……「冷房能力」とは、「単位時間当たりに室内から取り除ける熱エネルギーをW(ワット)で表したもの」です。この数字が大きいほど、よく冷やすことが可能なエアコンになります。

■電気料金は1時間いくら?

さて、次は電気代です。1時間当たり(そして1Wの消費電力に)いくらかかるのでしょうか。
東京電力の電気料金を例にとります。
東京電力では、使用電気量によって「3段階」の料金水準となっています。一般的な家庭は、「120kWh-300kWh」の「第2段階料金」に当てはまるようですから、この料金を利用して計算してみましょう。

この場合、1時間当たり1kWの使用料金は「25円91銭」となっています。

ですから、1W当たりにすると「0.02591円」になります。

■1日24時間エアコンをつけっぱなしにするとこのお値段

上記の式に数字を当てはめて電気代を計算すると、以下のようになります。

・6畳用エアコン:約310.9円
・8畳用エアコン:約360.7円
・12畳用エアコン:約808.4円

計算上は、1日24時間つけっぱなしでこの金額ですが、上記のように環境によって異なりますので、あくまでも目安と考えてください。

東京電力 広報にお話を伺ったところ、「エアコンは、スイッチを入れた直後より、運転が安定した状態の時の方が消費電力が少なくなるという特性があります。また、電気料金メニューにはいろいろな選択肢があり、時間帯により電力量料金単価が異なるメニューもあります。

ぜひお客さまのライフスタイルに合わせてお選びください」とのことでした。

もし、自分の家でエアコンを1日24時間つけっぱなしにしたらいくらかかるかを、より正確に知りたい場合には、電力会社のホームページを見て電力料金と、使っているエアコンの消費電力を調べてみてください。そうすれば上記の要領で計算できるはずです。

(高橋モータース@dcp)