「Hell Train」/画像は動画のキャプチャ

写真拡大

山梨県・甲府を拠点に活動するヒップホップグループ・stillichimiyaの7月に発売された最新アルバム『死んだらどうなる』から、「Hell Train」のMVが公開された。

すでにMVが公開されている「ズンドコ節」に続く2つ目のMVであり、彼らの巧みなラップスキルはもちろんのこと、青森県の恐山や、彼らの地元・山梨県で撮影されたコミカルな作品に仕上がっている。



stillichimiyaとは?


『死んだらどうなる』

『死んだらどうなる』



stillichimiyaは、2004年に自分たちの住む一宮町が他の町村と合併される際に反対した若者で起きたムーブメントを発端に結成されたグループ。

現在は田我流(でんがりゅう)さん、MMM(トリプルエム)さん、Young-Gさん、Big Benさん、Mr.麿(ミスターマロ)さんの5人で活動しており、ラップや作曲にとどまらず、MVからコメディ番組、釣り番組まですべてを自主制作で行っている。

特にメンバーのMMMさんとMr.麿さんからなる映像制作チーム・スタジオ石が、MVなどの映像やアートワークを手がけており、ZEN-LA-ROCKさんの「GWIG GWIG GWIG」のMV、田我流さんの「B級映画のように2」のMVなど、近年、その特異な映像作品が多方面から注目を集めている。

そんなstillichimiyaは、2014年で結成10年を迎えた。8月16日(土)には、山梨県・甲府市にて、田我流さん企画のライブイベント「国道20号線 Vol.3」が開催される。その後も全国各地でのライブを控えている。