写真提供:マイナビニュース

写真拡大

DCコミックスの漫画『バットマン』の相棒として登場する「バットウーマン」がフィギュア化され、2015年1月にコトブキヤより発売される。価格は8,100円(税込)。

バットウーマンは、バットマンの相棒として1979年に初登場し、近年では「レズビアンヒーロー」としても人気を博しているキャラクター。今回はコトブキヤの「BISHOUJO シリーズ」を手がける山下しゅんや氏の描き下ろしイラストから、クールかつコケティッシュな魅力を纏った姿で立体化している。

精悍なバットマスクの下から覗く唇は魅惑的に、赤と黒のコントラスト鮮やかなコスチュームは、各所に生まれた皺表現でリアルなラバーの質感を表現。マントとともに靡く特徴的なロングヘアーも細かく作りこまれている。また、差し替えパーツとして素顔状態のヘッドパーツが付属し、素顔状態の立体化は世界初。切り揃えられた前髪から覗く憂いを帯びた素顔の表情など、バットウーマンの決定版といえる仕上がりとなっている。

商品価格は8,100円(税込)で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は、2015年1月を予定している。

TM & (C) DC Comics.(s14)