2000円切り格安スマホ商戦が過熱

ざっくり言うと

  • 続々と大手企業が参入し、格安スマートフォンの販売競争が過熱している
  • 火付け役となったイオンは7月、月額で2000円を切る「激安版」を投入する
  • ヤマダはSIMカードをセットにし、利用料金は端末込みで月額3047円だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング