「豪栄道の大関昇進? 名古屋場所の終盤、急遽決まったことですが、背景にはいつまでたってもチャンスをものにできない稀勢の里を協会幹部が見限ったとも言える。北の湖理事長は、常々優勝しなくてもいい、準ずる成績なら上げると言っていたのに、それを生かせなかったんですからね」
 こう語るのは、角界通の元力士だ。

 稀勢の里は名古屋場所で9勝止まり。綱取りの期待を完全に裏切った。
 「先代の故・鳴戸親方の猛稽古の反動もあってか、そもそも稽古量が足りない。当然の結果ですよ。周囲の反応が冷めてきたことを感じたのか『一からやり直す』と語っていましたが、時すでに遅しです」(スポーツ紙記者)

 一方、関脇連続在位が14場所連続だったものの、3場所通算の成績が32勝。大関に昇進するための基準とされる33勝には届かないだけにやや物足りないが、豪栄道(28=境川部屋)が晴れて大関に昇進した。
 「持ち味は豪胆な性格。絶対負けられない対戦では、星を落とさない勝負強さがある。どうしても日本人横綱を作りたい北の湖理事長は、チャンスに強い豪栄道に悲願を託したんですよ」(元力士)

 豪栄道の強心臓の片鱗は幼い頃からあったという。
 ベテラン相撲記者が言う。
 「母親が『子供の頃から泣いているのを見たことがない』と語っていたのが印象的でした。体も大きかったため、喧嘩するなら年上としろと諭されて育った。ヤンキーではなかったようですが、怖い物知らずだったそうです」

 中学卒業後、埼玉栄高校では相撲部を引っ張り、卒業後、境川部屋に入門。師匠の境川親方(元小結両国)が当初用意していた四股名は富士山(ふじのやま)だった。
 「ただ、山には男山と女山がありますが、富士山は女山。そのため流れた経緯があるのですが、文字通り日本一の力士になってくれという期待の表れですよ」(前出・元力士)

 横綱まで上り詰められるか。